iMovie for Mac のライブラリを移動する

Mac の容量を節約するため、iMovie のライブラリを外付けのハードドライブに移動できます。

iMovie ライブラリには、iMovie でムービーの制作に使うメディアやデータがすべて入っています。iMovie ライブラリが大きくなり、Mac のストレージ容量を解放したい場合は、iMovie ライブラリを外付けのドライブに移動できます。

iMovie ライブラリを移動する前に、Mac をバックアップしておいた方が得策です。

ライブラリを外付けのハードドライブに移動しても、iCloud にアップロードしてある Theater コンテンツに影響はありません。

ドライブの準備をする

MacOS 拡張 (ジャーナリング) でフォーマットした USB ドライブ、FireWire ドライブ、Thunderbolt ドライブなどの外付けのストレージデバイスにライブラリを保管できます。Apple では、SD カードや USB フラッシュドライブといった外付けのストレージデバイス、またはネットワーク上の共有ドライブに iMovie ライブラリを保存することは推奨していません。

Time Machine バックアップに使っている外付けドライブやその他のディスクにライブラリを保存することはできません。

ライブラリを外付けのストレージデバイスに移動する

  1. iMovie を終了します。
  2. Finder で外付けのドライブを選択し、「ファイル」>「情報を見る」の順に選択します。
  3. 「共有とアクセス権」の情報が表示されていない場合は、 をクリックし、「このボリューム上の所有権を無視」チェックボックスが選択されていることを確認します。選択されていない場合は、 をクリックしてロックを解除し、管理者の名前とパスワードを入力してからチェックボックスを選択します。
  4. デスクトップ上をクリックし、Finder が選択された状態にしてから、画面の上部にあるメニューバーから「移動」>「ホーム」の順に選択します。
  5. 「ムービー」フォルダを開き、「iMovie ライブラリ」という名前のファイルを外付けのハードドライブにドラッグします。
  6. 外付けドライブへのライブラリファイルのコピーが終わったら、ライブラリファイルをダブルクリックして iMovie で開きます。 
  7. 移動したライブラリにメディアがすべて揃っていることを確認できたら、Mac の「ムービー」フォルダにあるオリジナルのファイルをゴミ箱にドラッグします。

外付けのドライブが Mac に接続されていれば、その外付けドライブに移動したライブラリが iMovie で自動的に開きます。ライブラリが入っている外付けのドライブを取り外した場合、iMovie は新しい空のライブラリを Mac の「ムービー」フォルダの中に作成し、このライブラリを開きます。iMovie で作成したプロジェクトや読み込んだメディアはすべて、この新しいライブラリに自動保存されます。外付けのドライブに移動したライブラリを開きたい場合は、外付けドライブを接続し直してから開くことができます。その後、クリップ、イベント、プロジェクトをライブラリ間で移動できます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: