OS X Server 上でメールサービスを無効にする

OS X Server でどのメールサービスを実行するかカスタマイズすることができます。たとえば、IMAP に限定して使用する場合は、POP を無効にすることができます。

Server.app 3.1 以降には、グローバルなメールサーバサービスチェックが内蔵されています。このチェックでは、メールサーバが起動するたびに実行されるメールサーバに関連したさまざまなサービスすべてを確認します。OS X メールサーバのカスタマイズを許可するには、この機能を無効にする必要があります。

  1. 次のターミナルコマンドを使って、メールサービスが起動すると実行されるグローバルサービスチェクを無効にします。

    sudo serveradmin settings mail:global:skip_enable_service_check = yes
    
  2. 有効/無効にするサービスを選択します。ターミナルで serveradmin コマンドを使うと、以下のサービスを有効 (= yes) または無効 (= no) にすることができます。デフォルトでは、すべて「yes」に設定されています。

    sudo serveradmin settings mail:postfix:enable_smtp =
    sudo serveradmin settings mail:postfix:enable_smtp_in =
    sudo serveradmin settings mail:postfix:enable_smtp_out =
    sudo serveradmin settings mail:imap:enable_imap =
    sudo serveradmin settings mail:imap:enable_pop =
    sudo serveradmin settings mail:imap:enable_sieve = 
    
  3. メールサーバを停止して、メールサーバが完全に停止するまで 30 秒待ちます。
  4. メールサーバを起動します。上記で変更した内容が有効になっているはずです。

これらの設定は、必要に応じて、それぞれを「yes」に設定するか、skip_global_service_check を no に設定することで、デフォルトの値にリセットできます。メールサーバを停止してから起動すると、yes に設定されたサービスは再び有効になります。

公開日: