OS X Server v3.1.2 アップデートについて

OS X Server v3.1.2 アップデートによる変更点について説明します。

このソフトウェアによって、OS X Server v3.0、v3.0.1、v3.0.2、v3.0.3、v3.1、および v3.1.1 が v3.1.2 にアップデートされます。このアップデートには、OS X Mavericks v10.9.3 以降が必要です。

インストールの方法

OS X Server v3.1.2 は Mac App Store からダウンロードできます。OS X Server (Mavericks) がインストールされている場合は、このアップデートが「アップデート」パネルに表示されます。インストールするには、「アップデート」ボタンをクリックします。サービスの中断を防ぐため、Mac App Store からほかのアップデートを自動的にインストールすることを選択している場合も、Server のアップデートは自動的にインストールされません。

インストール中に「Server アプリケーションの置き換えが検出されました」というメッセージが表示されることがありますが、これは正常なアップデートプロセスです。サーバの設定とデータはすべてアップデート中に保存されます。

インストールが完了した後、Server App を開いて、以前構成したサービスの設定を完了してください。

アップデートによる変更点

Server v3.1.2 では、OS X Server の全体的な安定性が向上しているほか、以下の改善点が含まれます。

  • コード署名が有効な場合にプロファイルマネージャが変数の入ったプロファイルを配備する問題の修正
  • Volume Purchase Program 参加依頼の送信に対するプロファイルマネージャの信頼性の向上
  • 長い説明の名前のある Device Enrollment Program を管理するためにプロファイルマネージャを有効にするための修正
  • チャットルーム使用中のメッセージサーバの安定性の向上
  • メールのグループへのメッセージ配信の向上。注意:メールサービスは、エンコードされていない 8 ビットのデータを含むメッセージをグループに送信できません。

OS X v10.9.3 アップデートは Server v3.1.2 に必須で、これをお使いのサーバにインストールすると次の改善点が見られます。

  • ファイルを SMB 共有フォルダにコピーする問題の修正
  • Active Directory アカウントのあるユーザがメッセージサービスにログインできない問題の修正

OS X Server v3.1.2 アップデートのセキュリティコンテンツについては、「Apple セキュリティアップデート」を参照してください。

公開日: