Apple Configurator 1.5 について

Apple Configurator 1.5 について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Apple Configurator 1.5 は、すべての Apple Configurator ユーザに推奨されます。このアップデートは Mac App Store の「アップデート」タブから利用できます。Apple Configurator 1.5 には、OS X Mountain Lion 以降および iTunes 11.1.5 以降が必要です。

Configurator 1.5 の新機能

  • 登録 URL を使用して、監視対象でないデバイスと監視対象デバイスの両方を MDM に登録可能
  • 新しい Bretford PowerSync+ Cart と Station との統合による、進行状況とステータスの報告と物理ポート番号の表示
  • 最初の AirPlay 接続時にパスコードを要求する、iOS 7.1 の新しい設定をサポート
  • Volume Purchase Program (VPP) を使用して購入した App を運用する際におきる Error 5103 の問題を修正

注意:このアップデートにより、パスコードがデバイスに設定されている場合に監視対象デバイスがリフレッシュできないことがあります。ただし、場合によっては、デバイスをリフレッシュするためにロック解除する必要があることもあります。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: