OS X:別の Mac からデータを手動で移行する

 コンピュータが古いために移行アシスタントを使えない場合は、以下の手順に従ってコンピュータ間でデータを手動でコピーできます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

移行アシスタントを使うと、古いコンピュータから新しい Mac にユーザ、書類、コンピュータの設定などの項目を簡単に移動できます。別の Mac からだけでなく、Windows パソコンからもデータを移行できます。 元のコンピュータが古いために移行アシスタントを使えない場合は、この記事の手順に従って、新しいコンピュータに書類の多くを手動でコピーできます。

始める前に

古いコンピュータから新しいコンピュータにファイルをコピーする前に、以下の準備をしておいてください。

新しい Mac を設定する

新しい Mac で設定アシスタントを使っていない場合は、設定アシスタントを一通り実行します。その後、新しい Mac で使いたいユーザごとにユーザアカウントを作成します。

コピーするファイルを決める

古いコンピュータから新しいコンピュータにデータをコピーする前に、どのファイルを移行するか、それらのファイルが Mac 上のどこにあるかを確認しておきましょう。

書類およびその他のデータ

一般的に、書類、音楽、ムービーなどのファイルをどれでもコンピュータ間で移動できます。新しい Mac の同じ場所にファイルをコピーすれば済みます。以下に例を紹介します。

  • ホームフォルダを探します。各 Mac の起動ディスクの最上位にある「ユーザ」フォルダの中を探してください。各ユーザのホームフォルダの名前はユーザ名です。ホームフォルダには、そのユーザの書類、ムービー、写真などのデータが入っています。
  • 書類は新しいホームフォルダの「書類」フォルダにコピーします。
  • 古いホームフォルダの「iTunes Music」フォルダは、新しい「ミュージック」フォルダに配置します。iTunes を開けば、音楽が自動的に認識されます。
  • iPhoto ライブラリは新しい Mac の「ピクチャ」フォルダに配置します。iPhoto を開くと iPhoto ライブラリが自動的に認識されます。自動認識されない場合、先にライブラリをアップグレードしておく必要があると考えられます。

App

アプリケーションによっては、特別な場所にサポートファイルをインストールしないと動作しないことがあります。コンピュータ間で App をコピーする前に、以下の準備をしておいてください。

  • App がすでにインストールされていないか確認しておきましょう。Mac の購入時に iPhoto、Pages、iTunes などの多くの Apple 製 App がすでにインストールされています。
  • Apple メニューから App Store を開き、古いコンピュータで使っていたのと同じアカウントでログインします。以前購入した App はすべて「購入済み」タブから再ダウンロードできます。
  • ソフトウェアアップデートを使って、購入した App で利用できる無料のアップデートがないか確認します。アップデートしないと新しいコンピュータでうまく動作しない App もあります。
  • 他社から購入したアプリケーションは、お使いのソフトウェアのデベロッパの指示に従って再ダウンロードまたは再インストールしてください。 

ファイルをコピーする

以下のいずれかの方法を選んで、古いコンピュータから新しいコンピュータにファイルを移動してください。

外付けドライブを使う

 

両方のコンピュータが USB または FireWire 接続に対応している場合、重要なファイルを外付けドライブにいったんコピーして、コンピュータ間でファイルを移動できます。

  1. 外付けドライブを古い Mac に接続します。
  2. Finder で外付けドライブを探します。外付けドライブが見つからない場合は、「移動」>「コンピュータ」の順に選択して、この Mac に接続されているすべてのドライブのリストを表示します。
  3. Finder で、新しいコンピュータに移動したいすべてのファイルを外付けファイルにドラッグして、コピーを作成します。
  4. ファイルをすべてコピーしたら、外付けドライブを取り出してから、古い Mac との接続を解除します。
  5. 次に、外付けドライブを新しい Mac に接続します。
  6. Finder でこのドライブを探します。
  7. 外付けドライブから新しい Mac のホームフォルダまたは別の場所にファイルをドラッグします。

ターゲットディスクモードを使う

両方のコンピュータに FireWire ポートまたは Thunderbolt ポートが搭載されている場合は、ターゲットディスクモードを使って、どちらかのコンピュータを外付けドライブとして接続できます。移行元の Mac がどの程度古いかによって、Thunderbolt - FireWire アダプタなど、別のケーブル類が必要になる場合があります。

  1. 古いコンピュータを再起動し、キーボードの「T」キーを押したままにします。FireWire のロゴが画面上に表示されたら、キーを放します。
  2. FireWire ケーブルおよび必要なアダプタを使って 2 台のコンピュータの FireWire ポートを接続します。

新しいコンピュータにログインすると、Finder に古いコンピュータの起動ドライブが表示されます。「外付けドライブを使う」セクションの手順に従って、古いコンピュータから新しい Mac にファイルをコピーしてください。 

ファイル共有を使う

両方のコンピュータが同じネットワークに接続されている場合は、ファイル共有を使ってコンピュータ間でデータをコピーできます。

まず、Wi-Fi または Ethernet を使って同じネットワークに 2 台の Mac を接続します。広範なネットワークにアクセスできない場合は、2 台のコンピュータ間を Ethernet ケーブルでつなぐだけで充分です。コンピュータが Ethernet 接続に対応していない場合は、USB - Ethernet アダプタまたは Thunderbolt - Ethernet アダプタが手元にあるか確認しておきましょう。

その上で、どちらかのコンピュータでファイル共有を有効にします。

  1. システム環境設定を開きます。
  2. 「共有」を選択します。
  3. 「コンピュータ名」フィールドに表示されている、このコンピュータの名前を記録します。
  4. 「ファイル共有」のオプション (チェックボックス) を選択します。 

もう一方の Mac で、以下の手順にそって 2 台のコンピュータを接続します。

  1. Dock にある Finder のアイコンをクリックして、Finder に切り替えます。
  2. 「移動」>「サーバへ接続」を選択します。
  3. 「ブラウズ」ボタンをクリックします。
  4. 表示されるウインドウでもう一方のコンピュータを探します。そのコンピュータのアイコンをダブルクリックします。
  5. コピーするユーザファイルのユーザ名とパスワードを入力するように求められたら、入力します。

2 台のコンピュータ間でこのユーザのファイルをコピーできるようになります。コンピュータでお使いのすべてのユーザについて、上記の手順を繰り返します。

コピーが終わったら

すべてのファイルをコピーし終わった後、もう古い Mac を使わない場合は、古い Mac の iTunes の認証を適宜解除してください。詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

公開日: