OS X Server v3.0.2 アップデートについて

このアップデートでは、OS X Server (Mavericks) の機能が向上します。

このソフトウェアによって、OS X Server v3.0 および v3.0.1 が v3.0.2 にアップデートされます。このアップデートには、OS X Mavericks v10.9.1 以降が必要です。

VPN サービスへの L2TP 接続ができるようにするには、OS X Server 用 VPN アップデート もインストールする必要があります。最初に OS X Mavericks v10.9.1 アップデートをインストールします。その後、Server v3.0.2 アップデートと OS X Server 用 VPN アップデート をインストールしてください (どちらが先でもかまいません)。

インストールの方法


OS X Server v3.0.2 は、Mac App Store から入手できます。OS X Server (Mavericks) がインストールされている場合は、このアップデートが「アップデート」パネルに表示されます。インストールするには、「アップデート」ボタンをクリックします。サービスの中断を防ぐため、Mac App Store からアップデートを自動的にインストールすることを選択している場合も、Server のアップデートは自動的にインストールされません。

インストール中に「Server アプリケーションの置き換えが検出されました」というメッセージが表示されますが、これは正常なアップデートプロセスです。サーバの設定とデータはすべてアップデート中に保存されます。

インストールが完了した後、Server App を開いて、以前構成したサービスの設定を完了してください。

 

アップデートの内容

Server v3.0.2 では、OS X Server の全体的な安定性が向上しているほか、以下のような個別の改良が行われています。

アップグレードおよび移行

  • アップグレードまたは移行後にはじめて Server を起動するときの信頼性が向上しています。
  • アップグレードまたは移行後に、「ソフトウェア・アップデート」サービスを使って Mavericks クライアントを自動的にアップデートできるようになりました。
  • アップグレードまたは移行後に DNS サービスを開始できない場合がある問題が修正されています。

Profile Manager

  • 管理対象デバイスへのプッシュ通知送信が改善されています。
  • 一部のネットワークユーザが OS X デバイス上で管理設定を受信できないことがある問題に対処しています。
  • Active Directory ユーザの登録の信頼性が向上しています。
  • プレースホルダに .csv ファイルを読み込む際の問題が修正されています。
  • アルファベット以外の文字が名前に含まれる App を選択する際の問題が改善されています。

Xcode サービス

  • ssh を経由したリモート Git リポジトリへの接続が改善されています。
公開日: