Mac Pro (Late 2013):メモリ仕様

Mac Pro (Late 2013) に装着できるメモリの種類について説明します。 

全般

Mac Pro (Late 2013) には、1866 MHz DDR3 ECC 対応 DIMM メモリを使用して最大 64 GB までアップグレード可能なメモリスロットが 4 基搭載されています。互換性を確保するために、Apple 認定の DIMM を使うようお勧めします。Apple 認定のメモリはオンラインの Apple StoreApple Store 直営店Apple 製品販売店でお求めいただけます。

条件

Mac Pro (Late 2013) のメモリをアップグレードする場合は、次の条件を満たしている必要があります。

  • 1866 MHz DDR3 フルレングス DIMM。 異なるメモリ速度の使用はお勧めしません。
  • ECC (Error-correcting code)。
  • 4GB、8GB、または 16GB の DIMM。
  • バッファなし (UDIMM) またはレジスタあり (RDIMM)。 UDIMM と RDIMM を混在させないでください。
  • 240 ピン DIMM。
  • 1.5 または 1.35 V。
  • 性能を最大限に発揮させるには、すべてのスロットで同じサイズのメモリモジュールを使用します。
  • ヒートシンク搭載の DIMM はサポートされていないため、DIMM メカニズムが損傷する場合があります。

重要:すべての DIMM は 1866MHz DDR3 ECC に対応している必要があります。Mac Pro ではバッファなしの UDIMM とレジスタありの RDIMM の両方がサポートされていますが、この 2 種類のメモリを混在させないようにしてください。UDIMM と RDIMM を混在させると、コンピュータの電源を入れた際にメモリエラー音が鳴ります。

推奨される設定

メモリ容量の合計 DIMM スロット 1 DIMM スロット 2 DIMM スロット 3 DIMM スロット 4
12 GB 4 GB ECC UDIMM 4 GB ECC UDIMM 4 GB ECC UDIMM  
16 GB 4 GB ECC UDIMM 4 GB ECC UDIMM 4 GB ECC UDIMM 4 GB ECC UDIMM
32 GB 8 GB ECC UDIMM 8 GB ECC UDIMM 8 GB ECC UDIMM 8 GB ECC UDIMM
64 GB 16 GB ECC RDIMM 16 GB ECC RDIMM 16 GB ECC RDIMM 16 GB ECC RDIMM

 

メモリの具体的な取り付け手順については、こちらの記事を参照してください。

公開日: