QuickTime Player でレガシーのメディアファイルが再生前に変換される

ファイルが変換中であることを知らせる進捗状況バーが表示される場合があります。

OS X Mavericks 以降では、QuickTime Player (バージョン 10.0 以降) で一部の古い圧縮形式や他社の圧縮形式を使ったファイルが変換されます。

そのようなファイルを開くと、進捗状況バーの付いたウインドウが表示され、ファイルの変換中であることを知らせてくれます。変換を停止するには、そのままウインドウを閉じてください。

「変換中」ウインドウ

こうした古い形式の多くを使ったメディアファイルは、今後リリースされる macOS との互換性は見込めないため、変換後のファイルを保存してから閉じることをおすすめします。変換しても、元のファイルが変更されたり置換されたりすることはありません。

元のファイルの品質を維持するために、変換後のファイルの方が元のファイルよりもサイズが大きくなる場合があります。

関連情報

  • QuickTime Player は、Apple ProRes を使って、Animation コーデックでエンコードされたものなど、ビデオワークフローで使われているレガシー形式を変換します。その他の古いメディア形式や他社のメディア形式の変換には、H.264 が使われます。
  • QuickTime Player でファイルを開けない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: