引き換えコードから管理配布への移行

Apple Business Manager、Apple School Manager、または Volume Purchase Program に参加されている組織は、ご利用のたびに、配布形態として管理配布または引き換えコードのいずれかを選択できます。

管理配布の場合、Volume Purchase Program の「App とブック」を通じて購入した App の所有権は組織にあり、管理も組織が担います。組織は、モバイルデバイス管理ソリューションまたは Apple Configurator 2 を通じて、ユーザまたは iOS 9 デバイスに App を割り当てることができます。また、必要に応じて割り当てを取り消したり、再割り当てしたりすることも可能です。モバイルデバイス管理を使ってブックを割り当てることも可能ですが、ブックの所有権はユーザのものになります。

または、組織は引き換えコードを使って App やブックの所有権をユーザの iTunes アカウントに移行することもできます。

引き換えコードから管理配布への移行

以前購入した引き換えコードが未使用の場合、またはそのコードを Apple Configurator 1.x を通じて使った場合、このコードを管理配布で使えるように申請できます。

以前購入した引き換えコードを、個人ユーザとして使ってしまっている場合、そのコードは移行できません。

引き換えコードから管理配布への移行が組織にとって得策かどうかを判断するには、次の点を検討してください。

  • 移行を申請する前に、未使用のコードまたは Apple Configurator 1.x を通じて使ったコードをすべて、管理配布に切り替えてよいのか確認してください。移行を決断した場合は、以前購入したコードをすべて移行する必要があり、管理配布への切り替え後は、未使用のコードがすべて無効になります。未使用のコードが組織内に出回っている場合、このコードを使ってしまうか、コードが使えなくなることをユーザに警告するか、コードが使われるまで移行を遅らせることをお勧めします。
  • 複数のユーザが共有しているデバイスを Apple Configurator で管理している場合は、引き換えコードを移行する前に、デバイスを iOS 9 および Apple Configurator 2 にアップグレードしてください。これで、管理対象のライセンスを直接デバイスに割り当てられるようになります。

引き換えコードから管理配布への移行は取り消すことができません。

システム条件

  • 管理配布には、モバイルデバイス管理ソリューションが必要です。移行を申請する前に、MDM ソリューションが導入されていて、Volume Purchase Program アカウントに関連付けられていることを確認してください。OS X Server のプロファイルマネージャは、ユーザまたはデバイスへの管理配布に対応しています。Apple Configurator 2 は、デバイスへの管理配布に対応しています。ほかのモバイルデバイス管理ソリューションについては、プロバイダにご確認ください。
  • 管理配布には、iOS 7 以降または OS X Mavericks v10.9 以降が必要です。
  • デバイスごとに App を割り当てるには、iOS 9 または OS X El Capitan が必要です。

移行の申請

移行の必要条件を確認した上で、アカウントで行われた以前の購入すべてについて、引き換えコードから管理配布への移行を希望される場合は、オンラインのサポートリクエストフォーム (法人の場合はこちらのページ、教育機関の場合はこちらのページ) を使ってリクエストを送信します。フォームの上部にあるメニューから「引き換えコードから管理配布への移行」を選択してください。

関連情報

モバイルデバイス管理について詳しくはこちら、デバイスごとの App の割り当てについてはこちら、Apple Configurator 2 についてはこちら、OS X Server についてはこちらを参照してください。

Apple School Manager についてはこちら、Apple Business Manager についてはこちらを参照してください。

公開日: