OS X Server v3.0 のセキュリティコンテンツについて

OS X Server v3.0 のセキュリティコンテンツについて説明します。

この記事では、OS X Server v3.0 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple では、ユーザ保護の観点から、完全な調査が終了して必要なパッチやリリースが利用可能になるまではセキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。Apple 製品のセキュリティについては「Apple 製品のセキュリティ」Web サイトを参照してください。

Apple Product Security PGP キーについては、こちらの記事を参照してください。

CVE ID を使って脆弱性を調べることもできます。

その他のセキュリティアップデートについては、こちらの記事を参照してください。

OS X Server v3.0

  • Profile Manager

    対象となるバージョン:OS X Mavericks v10.9 以降

    影響:リモートの攻撃者がサービス妨害を仕掛けることができる。

    説明:JSON Ruby Gem が入力の中の特定の構成体をパースする際に、恒久的にメモリを割り当てる問題があります。攻撃者はこの問題を利用してすべてのメモリを使い切ることで、サービス拒否を発生させることができます。この問題は、JSON データ の検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-0269

  • Profile Manager

    対象となるバージョン:OS X Mavericks v10.9 以降

    影響:Ruby on Rails に複数の問題が存在する。

    説明:Ruby on Rails に複数の問題が存在します。もっとも深刻な問題では、クロスサイトスクリプティングが発生する可能性があります。この問題は、プロファイルマネージャが使用する Rails 実装をバージョン 2.3.18 にアップデートすることによって解消されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-1854

    CVE-2013-1855

    CVE-2013-1856

    CVE-2013-1857

  • FreeRADIUS

    対象となるバージョン:OS X Mavericks v10.9 以降

    影響:リモートの攻撃者によって、サービス拒否が引き起こされたり、任意のコードが実行される可能性がある。

    説明:TLS ベースの EAP メソッドを使用している場合、クライアント証明書の中の「not after」タイムスタンプをパースする際に FreeRADIUS にバッファオーバーフローが存在します。この問題は、FreeRADIUS をバージョン 2.2.0 にアップデートすることで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2012-3547

  • Server App

    対象となるバージョン:OS X Mavericks v10.9 以降

    影響:サーバが認証中に代替証明書を使う可能性がある。

    説明:構成された証明書のリストの中から、RADIUS サービスが不正な証明書を選択するロジックの問題が存在します。この問題は、ほかのサービスと同じ証明書を使用することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-5143:Dreyer Network Consultants, Inc の Arek Dreyer 氏

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: