監視対象の iPhone、iPad、iPod touch を使う

雇用主や学校から iPhone、iPad、iPod touch を支給された場合、そのデバイスは監視対象となっている可能性があります。監視対象のデバイスを使うというのはどういう意味か、所有者が見ることができる内容は何か、また、iPhone、iPad、iPod touch が監視対象になっているかどうか確かめる方法について説明します。

この記事は、雇用主や学校から支給された監視対象の iPhone、iPad、iPod touch をお使いの方を対象としています。監視を設定する側の管理者の方は、Apple Deployment ProgramConfigurator 2Apple School Manager を使ってデバイスを設定してください。

学校や企業は所有する iOS デバイスを監視することで、細かく管理できるようになります。監視モードでは、管理者が AirDrop を無効にしたり App Store へのアクセスをブロックしたりなど、追加の制限を設けることができます。さらに、App のサイレントアップデートや Web の通信量のフィルタリングなど、追加のデバイス構成や機能も使えるようになります。

iPhone、iPad、iPod touch はデフォルトでは監視対象になっていません。監視を有効にできるのは、新しいデバイスを設定するときだけです。お使いの iPhone、iPad、iPod touch が現在監視の対象になっていない場合、管理者が監視を設定するにはデバイスを完全に消去する必要があります。

iPhone、iPad、iPod touch が監視対象かどうかを確認する

iPhone、iPad、iPod touch が監視対象になっているかどうかは、デバイスの「設定」画面で確認できます。 

iOS 10 以降をお使いの場合

iOS 10 以降をお使いの場合は、「設定」のメインページの上部に監視についてのメッセージが表示されます。また、Shared Device Configuration プロファイルペイロードを使うと、組織が所有権についてのカスタムメッセージをロック画面に表示することもできます。

iOS 9 以前をお使いの場合

iOS 9 以前をお使いの場合は、「設定」>「一般」>「情報」に監視についてのメッセージが表示されます。また、ロック画面の下部に「この [iPhone、iPad、または iPod] はあなたの所属組織によって管理されています」というメッセージが表示されます。

 

     

管理者が監視している内容を確認する

お使いの iPhone、iPad、iPod touch が監視されているということは、そのデバイスを所有する組織が、プロファイルをインストールしてデバイスで利用できる機能を制御できるということを意味します。

管理者がデフォルトの iOS 設定でどの機能を変更したかを確認するには、設定内容を確認する必要があります。 

「設定」>「一般」>「プロファイルとデバイス管理」の順にタップします。プロファイルがインストールされている場合は、そのプロファイルをタップして、どのような種類の変更が適用されているかを確認してください。ご自分の所属組織で変更されている機能について詳しく調べるには、そうした設定が強制適用されているかどうかを管理者に確認してください。

     

管理者が位置情報を監視している場合

所属する企業や学校がお使いのデバイスのインターネットトラフィックを監視し、その所在地を確認できるというメッセージが設定画面に表示されることがあります。お使いの電話端末の所在地を管理者が確認できるのは、管理者がそのデバイスを管理対象紛失モードにしたときだけです。

このモードが有効になると、デバイスの位置情報が管理者に通知されます。管理者がデバイスを管理対象紛失モードにすると、デバイスはロックされ、ロック画面にメッセージが表示されます。デバイスをロックせず、通知を表示することもせずに、デバイスの所在地を所属組織が追跡することはできません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: