Mac ハンドブック:カレンダーで予定を管理する

OS X のカレンダー App を使うと、スケジュール通りに行動できます。カレンダーには、予定、誕生日、マップ、移動時間、およびその他の重要なイベントが表示されます。

カレンダーを使う

Mavericks のカレンダーのマップ、天気、移動時間によって、イベントの設定や共有が容易になります。カレンダー App を使ってイベントを作成する方法、ほかのユーザのカレンダーを照会する方法、Facebook などのサービスに接続する方法を説明します。

カレンダーは、Dock または「アプリケーション」フォルダから起動できます。 

 カレンダーのアイコン

カレンダー表示を変更する

カレンダー表示を変更するには、ウインドウの上部にある「日」「週」「月」「年」タブをクリックします。

カレンダー表示

 

カレンダーで予定を立てる

カレンダーでは、次のようなさまざまな方法でイベントを追加できます。

  • カレンダーの任意の場所をダブルクリックして、イベントを追加する。表示されるインスペクタウインドウで、予定出席者を追加したり、時刻、場所などを設定したりできます。
  • イベントをドラッグして、スケジュールを変更する。
  • 既存のイベントをダブルクリックし、インスペクタからイベントを編集する。

イベントの追加

カレンダー App の「クイックイベント」を使うと、自然言語を使ってイベントを入力できます。「イベントを追加」ボタンをクリックして、「今週の金曜日に Charles と Apple Café で午後 5 時にランチ」というように、イベントを説明するテキストを入力すると、入力された言葉を使って新しいイベントが作成され、時刻、連絡先、場所のフィールドが記入されます。

クイックイベント

カレンダーの機能に関する詳細については次のトピックを選択してください。

すべてをたたむ | すべてを開く

新規カレンダーを作成する

デフォルトでは、カレンダー App には職場と自宅の 2 種類のカレンダーがあります。新しいカレンダーを作成するには、「ファイル」メニューから「新規カレンダー」を選択します。テキストフィールドにカレンダー名を入力します。たとえば、子供が何人かいる場合、それぞれの子供用にカレンダーを作成し、各自のスケジュールを追跡することができます。「カレンダー」ボタンをクリックすると、カレンダーの表示方法を確認し、コントロールできます。

 

カレンダーの色または名前を変更するには、カレンダーのリストからカレンダーを選択し、「編集」>「情報を見る」の順に選択します。カレンダーおよびそのすべてのイベントを削除するには、カレンダー名を右クリックするか「control」キーを押しながらクリックし、表示されるショートカットメニューから「削除」を選択します。

カレンダー App で iCloud アカウントを使う

OS X には iCloud が付属しています。無料の iCloud アカウントにサインアップすると、お使いのデバイス全体にカレンダーの更新内容をプッシュしたり、iCloud カレンダーを共有したり、iCloud Web サイトでカレンダーを表示したりすることができます。

iCloud アカウントをお持ちの場合は、iCal を使って複数の iCloud カレンダーにアクセスし、管理できます。iCloud のカレンダーサービスを各種デバイスとコンピュータに設定しておけば、それぞれのデバイスとコンピュータで iCloud カレンダーとリマインダーの情報が最新に保たれます。

システム環境設定から iCloud カレンダーアカウントを設定し、カレンダーウインドウで iCloud ベースのカレンダーを表示します。

  • システム環境設定で設定する
    1. 「iCloud」をクリックします。
    2. iCloud にサインインしてください。
    3. このコンピュータからのサインインがはじめての場合は、連絡先、カレンダー、ブックマークで iCloud を使うかどうかたずねられます。「カレンダー」オプションが選択されている (チェックマークが入っている) ことを確認し、「次へ」をクリックします。
    4. iCloud にサインインしたことがある場合は、iCloud のサービスのリストが表示されます。「カレンダー」の横にあるボックスを選択します。

ほかのサービスからカレンダーを追加する

Exchange、CalDAV、Facebook、Yahooなどのほかの一般的なサービスからカレンダー App のカレンダーに予定を追加することもできます。

  1. Apple メニュー () > 「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「インターネットアカウント」を選択します。
  3. ウインドウの一番下にある「アカウントを追加」(+) ボタンをクリックします。 
  4. 使いたいアカウントタイプを選択し、アカウントの認証情報を入力します。 
  5. 「カレンダー」オプションが選択されている (チェックマークが入っている) ことを確認します。このオプションを選択していると、このアカウントに関連するイベントがカレンダー App に表示されます。

インスペクタで予定の詳細情報を編集する

新しいイベントを追加したり、既存のイベントをダブルクリックしたりすると、インスペクタウインドウが表示されます。インスペクタウインドウには、イベントの予定出席者、場所、時刻などすべての詳細情報が表示されます。

インスペクタ

Mavericks のインスペクタでは、イベントの記入時に自動入力機能が動作します。住所を入力し始めると、その文字と一致する場所の候補が表示されます。アドレスブックの連絡先の名前を入力し始めると、連絡先 App に入力されている連絡先に基づいて、一致する名前の候補が表示されます。

場所、天気、移動時間、およびマップ

Mavericks のインスペクタでは、ミニマップでイベントの場所を確認できます。このミニマップをクリックすると、フルサイズ表示の地図がマップ App で開きます。 

マップとカレンダー

ミニマップには、イベントインスペクタに入力された現在地から予定目的地への推定移動時間と当日の天気予報が表示されます。
注意:推定移動時間、経路、および天気を表示するには、システム環境設定で位置情報サービスを有効にする必要があります。

食事イベントを追加する

だれかと一緒にランチまたはディナーを取る場合、Mavericks のカレンダーはレストランの候補を表示します。 

  1. 出席依頼を作成し、名前を付けます。 
  2. イベントインスペクタの場所セクションに、ピザ、ハンバーガー、寿司など食べたい食事の種類を入力します。 
  3. その種類の食事を提供する近くのレストランの名前が表示されます。
  4. レストランを選択し、イベントに追加します。

通知

OS X の通知を使うと、イベントを通知できます。忙しい場合は、カレンダー通知を右にスワイプするか、「再通知」ボタンをクリックすると、あとでもう一度通知が表示されるように設定できます。「再通知」ボタンをクリックして押し続けると、追加オプションが表示されます。

再通知

誕生日と祝日

Mavericks のカレンダーには、連絡先 App から直接読み込まれた誕生日が表示されます。連絡先の「誕生日」フィールドを変更すると、誕生日カレンダーにも自動的に変更が適用されます。 

誕生日

Mavericks のカレンダーには、その国の祝日も表示されます。 

カレンダーの設定

注意:内蔵の祝日カレンダーに表示されている祝日が、お住まいの国の祝日と一致しない場合は、システム環境設定で位置情報サービスが有効になっているかどうかを確認します。祝日は現在地に基づいて表示されています。

誕生日カレンダーと祝日カレンダーは、カレンダーリストの「その他」セクションに表示されます。カレンダーリストが表示されない場合は、カレンダー App ウインドウの「カレンダー」ボタン () をクリックして、利用できるカレンダーのリストを表示します。リストで、カレンダーウインドウに表示したい各カレンダーにチェックマークを入れます。リストに誕生日や祝日が表示されていない場合は、カレンダーの環境設定の「一般」パネルで該当するオプションが選択されているかどうかを確認します。

誕生日と祝日の設定

カレンダーを公開する

ほかの人がカレンダーを表示できるようにするには、以下の手順に従います。

  1. 「編集」>「カレンダーを共有」の順に選択します。
  2. 連絡先リストまたはメールアドレスから、このカレンダーを共有したい相手の名前を入力します。
  3. すべての人がインターネットからお客様のカレンダーを照会できるようにするには、「公開カレンダー」オプションを選択します。
  4. 任意の人に送信できる URL が表示されます。この URL をクリックすると、該当するカレンダーが表示されます。URL の横にある共有ボタンをクリックすると、OS X 内蔵の共有オプションを使って直接 URL を送信できます。

共有メニュー

ヒント:iCalendar 標準と互換性があるすべてのカレンダーアプリケーションでは、この URL を使ってカレンダーを照会できます。

ほかのユーザのカレンダーを照会する

カレンダー App を使って、家族や作業チームなどほかのユーザが公開したカレンダーを照会できます。

  1. 「ファイル」>「新規照会カレンダー」を選択します。
  2. 照会するカレンダー用の Web アドレス (URL) を入力して、「照会」をクリックします。

照会したカレンダーが、「照会」の下の「カレンダー」ポップアップメニューリストに表示されます。イベントの色やカレンダーリストに表示される名前などカレンダーの設定を変更するには、カレンダーリストでカレンダーを選択し、「編集」>「情報を見る」の順に選択します。

詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

iPhone、iPod、または iPad でカレンダーをアップデートする

iCloud アカウントをお持ちの場合は、それを使って複数のコンピュータまたはデバイス (iPhone、iPod touch、iPad など) でカレンダーを自動的に最新の状態に保つことができます。詳しくは、下記のリンク先を参照してください。

関連情報

ヒント:カレンダー App の詳細情報については、OS X に搭載されているヘルプを参照してください。カレンダー App の「ヘルプ」メニューから「カレンダーヘルプ」を選択します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: