Mac 用 Safari でインターネットプラグインを使う

Web ブラウザプラグインをインストールし、信頼した後で実際に使うには、事前に Safari の環境設定でこのプラグインを適宜有効にしておく必要があります。

Safari では、ほとんどのプラグインがサポート対象外になりました。Web ページの読み込み時間を短縮し、省エネとセキュリティ強化を図るため、Safari では、HTML5 Web 標準を採用したコンテンツを最適に閲覧できるようになりました。HTML5 なら、プラグインは不要です。閲覧機能を強化し、カスタマイズするには、Safari 機能拡張で代用できます。

少数の Web ページで特定のコンテンツを表示するために依然としてプラグインが使われていますが、Safari でこうしたページを訪れると、プラグインが見つからないというメッセージが表示されます。プラグインをインストールした後で、そのプラグインを使う頻度を確認するメッセージや、プラグインを信頼またはアップデートするかどうかを確認するメッセージが表示される場合があります。

インストールしたプラグインを実際に使う前に、適宜有効にしておく必要があります。

  1. Safari のメニューバーから「Safari」>「環境設定」の順に選択し、「Web サイト」をクリックします。
    以前のバージョンの Safari では、代わりに「セキュリティ」をクリックし、「プラグイン設定」をクリックしてください。
  2. 左側のリストからプラグインを選択し、そのチェックボックスを使って、プラグインのオン/オフを切り替えます。プラグインを有効にした後、そのプラグインは定期的に Web サイトで使っている限り、有効な状態のままになります。
  3. 右側のポップアップメニューを使って、特定の Web サイトに対してプラグインのオン/オフを切り替えます。「確認」を選択した場合、その Web サイトでプラグインを使う前に許可を求めるメッセージが表示されます。右下隅のポップアップメニューには、そのプラグインを必要とするほかの Web サイトを訪れたときのデフォルトの設定が表示されます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: