Apple Remote Desktop 3.7 について

Apple Remote Desktop 3.7 について説明します。

Apple Remote Desktop 3.7 には、Remote Desktop アプリケーション用のアップデートとリモート管理対象のクライアント用のアップデートが含まれます。

アップデートする方法

Remote Desktop を Mac App Store から購入した場合、Mac App Store の「アップデート」タブにアップデートが表示されます。Remote Desktop を物理ディスクからインストールしたユーザは、ソフトウェア・アップデートにより自動的に更新することができます。また、サポートダウンロードサイトから手動でダウンロードすることもできます。

クライアント用のアップデートは、ソフトウェア・アップデートにより自動的に入手できます。また、サポートダウンロードサイトから手動でダウンロードすることもできます。また、Remote Desktop 3.7 を使えば、「管理」メニューから「クライアントソフトウェアをアップデート」を選択してクライアントを 3.7 に更新することもできます。Remote Desktop クライアント 3.7 は、OS X Mavericks に含まれています。

システム条件

  • Remote Desktop 3.7 を使用するには、OS X Lion v10.7.5、Mountain Lion、または Mavericks が必要です。
  • Remote Desktop 3.7 アップデートをインストールするには Apple Remote Desktop 3.0 以降が必要です。
  • OS X Mavericks の場合は、Remote Desktop 3.7 以降が必要です。

変更点

このアップデートでは、Remote Desktop アプリケーションの全体的な安定性と信頼性が向上しています。以下の点が改善されています。

  • OS X Mavericks のサポート
  • ローカルとリモートのコンピュータ間で自動的なコピー&ペーストが可能になる共有クリップボード
  • マルチディスプレイや複数の IP アドレスを使う Mac システムに対するサポートの向上
  • 画面間をスワイプするジェスチャのサポートによるマルチ監視の向上
  • リモート UNIX コマンドの出力が切り詰められる問題の解消

 

公開日: