Time Machine で使えるバックアップディスク

Time Machine では、Mac またはサポート対象の AirMac ベースステーションに接続された外付けのストレージデバイスにバックアップを作成できます。Mac や、ネットワーク上の NAS (ネットワークアタッチストレージ) デバイスへのバックアップも可能です。

Mac に接続された外付けドライブ

Time Machine では、Mac の USB、Thunderbolt、または FireWire ポートに接続された外付けのドライブにバックアップできます。

AirMac Extreme ベースステーション (802.11ac) または AirMac Time Capsule に接続された外付けドライブ

Time Machine では、AirMac Extreme ベースステーション (802.11ac model) または AirMac Time Capsule に接続された外付けドライブにバックアップできます。

  1. USB ドライブを Time Machine 用にフォーマットしておきます。
  2. 上記のドライブを AirMac ベースステーションの USB ポートに接続してから、その電源を入れます。
  3. AirMac ユーティリティを開いて、ベースステーションを選択し、「編集」をクリックして設定内容を表示します。
  4. 設定ウインドウの「ディスク」タブをクリックします。
  5. パーティションのリストからバックアップディスクを選択し、「ファイル共有を使用」を選択します。
  6. ネットワーク上の複数のユーザが Time Machine でこのディスクにバックアップする場合は、「共有ディスクのセキュリティを保護」ポップアップメニューを使って、それぞれが各自のバックアップだけを見られるように (ほかの人に自分のバックアップが見られないように) しておけます。メニューから「アカウント」を選択し、「+」(追加) ボタンをクリックしてユーザを追加してください。
  7. 「アップデート」をクリックしてベースステーションを再起動し、設定を適用します。

AirMac Time Capsule

Time Machine では、ネットワーク上の AirMac Time Capsule の内蔵ハードディスクにバックアップできます。

Time Machine のバックアップ先として共有されている Mac

ネットワーク上の別の Mac を Time Machine のバックアップ先として使うには、そのもう一方の Mac で以下の手順を実行してください。

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「共有」をクリックします。
  2. 左側のサービスのリストから「ファイル共有」を選択します。
  3. 右側の「共有フォルダ」のリストで、Time Machine のバックアップ先として使いたいフォルダを「control」キーを押しながらクリックします。 
  4. 表示されたショートカットメニューから「詳細オプション」を選択します。
  5. 「詳細オプション」ダイアログで、「Time Machine バックアップ先として共有」を選択します。

ほかの Mac コンピュータで Time Machine を設定する際に、この共有フォルダをバックアップディスクとして選択できるようになるはずです。

Time Machine over SMB に対応した NAS (ネットワークアタッチストレージ) デバイス

他社製の多くの NAS デバイスが Time Machine over SMB に対応しています。詳しくは、NAS デバイスのマニュアルでお調べください。

Time Machine 用にディスクをフォーマットする方法

Time Machine は、すべての Mac OS 拡張 (ジャーナリング) フォーマットと Xsan フォーマットに対応しています。ディスクのフォーマットが正しくないと、Mac に接続したときに消去してもよいか確認するメッセージが表示されます。 

ディスクの消去を確認するメッセージ

Time Machine では、iOS デバイスや、Windows 用にフォーマットされたディスクにはバックアップできません。マスター・ブート・レコード (MBR) パーティション方式を使うディスクの場合は、一部のパーティションを Time Machine で使えない可能性があります。

公開日: