Logic Pro X:パッチの使い方と保存方法

Logic Pro X の新しい設定タイプであるパッチについて説明します。

一般

以前のバージョンの Logic からご存知のチャンネルストリップ設定の機能に加えて、パッチでは、完全なパッチを再現するのに必要な Aux チャンネルのセンドも、Smart Control レイアウトおよびパッチの割り当て同様に保存されます。また、一部のパッチは、Track Stacks を使って音源を重ねたり、パッチで使われているエフェクトを自動化するトラックを供給したりすることもできます。Logic Pro X に内蔵されているほとんどのコンテンツは、このパッチフォーマットで作成されています。 

既存のパッチを読み込む

既存のパッチを読み込むのは簡単です。トラック領域でパッチを読み込むトラックを選択して、コントロールバーにある「ライブラリ」ボタンをクリックしてライブラリを開き、読み込むパッチに移動します。ライブラリのパッチ名を 1 回クリックすると、パッチが読み込まれます。オーディオ、ソフトウェア音源 (Drummer トラックを含む)、Aux、または Output を使っているかどうかによって、ライブラリに表示されるパッチが異なる場合があります。外部 MIDI トラックをお使いの場合、Audio MIDI 設定で構成されたノードがライブラリに表示されます。 多くの場合、ディレイ、リバーブ、またはその他のエフェクトを使った Aux チャンネルもミキサーに追加され、Aux チャンネルへのセンドはチャンネルストリップに表示されます。

 

たとえば、Emotive Pulse Software Instrument パッチを選択した場合に読み込まれるものの例を次に示します。

 

このパッチには、Retro Synth 設定、いくつかのオーディオプラグイン、および Bus 1 の Aux へのセンドが含まれています。ミキサーを見ると、Aux チャンネルにバイパスされた Chorus、Space Designer リバーブ設定、および Channel EQ 設定が表示されています。 

 

別の目的で Bus 1 をすでにその曲に使っている場合は、Logic では次に使用可能なバスをセンドとして使います。

パッチに異なるタイプの設定を選択する

トラックに戻ると、パッチのインサートスロットの左に青い矢印が表示されています。

 

これは、パッチのインサートスロットにライブラリフォーカスがあることを示しており、そのため、ライブラリにパッチが表示されています。マウスカーソルをチャンネルストリップのほかのインサートスロットの左に置くと、次のようなグレイの三角形が表示されます。

 

 

この三角形をクリックすると、青色に変わり、今度はこのインサートにライブラリフォーカスがあることを示します。

 

ライブラリには、完全なパッチではなく Retro Synth 設定が表示されるようになりました。チャンネルストリップのほかの要素を保持しながら、音源スロットに別の設定を読み込むことができます。

 

同様に、オーディオエフェクトのインサートスロットをどれか見てみると、パッチライブラリにはスロットに現在読み込まれているプラグインのプリセットが表示されます。

 

青い三角形をクリックすると、ライブラリが完全に閉じてしまいます。

パッチを保存する

パッチまたは設定を変更した場合、変更した設定を含むスロットの上にフォーカスを置いて、ライブラリの右下にある「保存」ボタンをクリックして保存することができます。

 

公開日: