Apple Diagnostics の使い方

Apple Diagnostics は、お使いの Mac コンピュータのハードウェアをチェックできる優れたツールです。Apple Diagnostics は、ハードウェア問題の原因特定に役立ち、問題解決のための最初の手順を提供します。また、Apple Diagnostics は、Apple サポートに問い合わせる際にも便利です。

始める前に

  • 重要:お使いの Mac が 2013 年 6 月より前に発売されたものの場合、Apple Diagnostics ではなく、Apple Hardware Test を使用してください。詳しくは、こちらの記事 を参照してください。
  • 予備的なトラブルシューティングを行い、問題がハードウェアに関連するものかどうかを判断します。こちらの記事 にそって、問題の原因がハードウェアまたはソフトウェアに関連するものかどうか判断することができます。Apple Diagnostics では、どのハードウェアコンポーネントが問題の原因か特定することができます。
  • Apple Diagnostics を起動する前に、キーボード、マウス、ディスプレイ、Ethernet アダプタ以外の外付けデバイスをすべて取り外します。また、外付けの光学式ドライブも取り外します。
  • Apple Diagnostics を起動する前に、インターネットに接続している必要があります。これにより、Apple Diagnostics からサポート関連情報が提供されるようになります。さらに、Apple Diagnostics が内蔵の起動ボリュームにない場合、インターネットベースのバージョンを代わりに起動することができます。インターネットに接続していなくても、Apple Diagnostics は実行できますが、結果は Apple にアップロードされず、Apple のサポートページにも接続されません。 
  • Mac ノートブックをテストする場合は、次の追加手順も実行します。
    • テスト中にコンピュータがシステム終了しないように、正しい消費電力の AC 電源アダプタを AC コンセントに接続します。
    • コンピュータの下、および周辺に適度な換気が確保できる、固くて平坦で安定した作業場所 (机、テーブル、カウンターなど) にコンピュータを設置してください。

 

Apple Diagnostics を起動するには

  1. コンピュータの電源が入っている場合は、Apple () メニューから「システム終了」を選択してコンピュータの電源を切ります。
  2. 電源ボタンを押してコンピュータを起動します。
  3. すぐに「D」キーを押し、Apple Diagnostics が開始するまで押し続けます。
  4. 以前にコンピュータの表示言語を選択したことがある場合、「Checking your Mac」画面がその言語で表示されます。

    コンピュータの表示言語を選択したことがない場合、言語選択メニューが表示されます。言語を選択すると、Apple Diagnostics が開始します。​  

  5. 基本的な Apple Diagnostics テストの所要時間は、約 2 〜 3 分です。診断中は、プログレスバーでテストの残り時間が示されます。
    • 問題が検出されなかった場合:「No issues found」というメッセージが表示されます。
    • 問題が検出された場合:Apple Diagnostics が終了し、診断中に見つかった問題の簡単な説明、リファレンスコード、および追加手順が表示されます。次に進む前に、これらのリファレンスコードを書き留めておいてください。

  6. Apple Diagnostics を終了するには、画面の下部にある「Restart」または「Shut Down」をクリックします。
  7. Apple Diagnostics で使用される言語を変更するには、テスト完了後に「command + L」キーを押します。注意:キーボードショートカットのリストは、この記事の後半に記載されています。

 

次の手順 

Apple Diagnostics が終了すると、診断中に見つかった問題の簡単な説明が表示されます。コンピュータがインターネットに接続している場合は、Apple Diagnostics によってオンラインのサポート記事に接続できます。

問題に関連したサポートおよび修理サービスを判断するには、「Get Started」リンクをクリックするか、「command + G」キーを押します。そうすると、以下のことが起こります。


  1. コンピュータが OS X リカバリモードで再起動します。
  2. コンピュータがインターネットに接続している場合は、Safari が自動的に起動して Apple のサポートと修理サービス Web サイトが開きます。次に進むには、国を選択し、コンピュータのシリアル番号とリファレンスコードを Apple に送信することに同意する必要があります。ほかの個人情報は送信されません。「Agree to send」をクリックして、次に進みます。

  3. コンピュータがインターネットに接続していない場合は、Safari が自動的に起動して、Wi-Fi 経由でインターネットに接続する方法が記載された Web サイトが開きます。

  4. コンピュータがインターネットに接続すると、次のことができるようになります。
    • Safari からサポートおよび修理サービスにアクセスする
    • 表示された Web サイトの追加のトラブルシューティング手順および問題解決に役立つ情報を参照する
    • 詳細な情報、トラブルシューティング、および修理サービスについて、Apple サポートに連絡する

関連情報

Apple Diagnostics で生成されるコードの詳細については、こちらの記事 を参照してください。

 

キーボードショートカット

  • 「option + D」:インターネット経由で Apple Diagnostics を起動する
  • 「command + G」:開始する
  • 「command + L」:言語選択を表示する
  • 「command + R」:このテストをもう一度実行する
  • 「S」:システム終了
  • 「R」:再起動
    注意:Apple Diagnostics テストの進行中に「R」キーまたは「再起動」ボタンを押すと、10 〜 20 秒ほど遅れることがあります。
公開日: