Mac での Apple Diagnostics の使い方

Apple Diagnostics は Mac のハードウェアに問題がないかテストし、解決策を提案してくれます。

Mac で問題を切り分け、ハードウェアに問題があると考えられる場合は、Apple Diagnostics を使って、問題の原因として疑われるハードウェアコンポーネントの特定に役立てることができます。Apple Diagnostics はさらに解決策を提案し、Apple サポートへの問い合わせ方法も案内してくれます。

2013 年 6 月以前に発売された Mac については、代わりに Apple Hardware Test をお使いください。

Apple Diagnostics の使い方

  1. キーボード、マウス、ディスプレイ、Ethernet 接続 (ご利用の場合)、AC 電源への接続を残し、それ以外の外付けのデバイスをすべて取り外します。
  2. 適度に換気された、固くて平坦で安定した作業面に Mac を置きます。
  3. Mac をシステム終了します。
  4. Mac の電源を入れて、すぐにキーボードの「D」キーを押したままにします。言語の選択画面が表示されるまで、キーを押し続けてください。Apple Diagnostics で言語が認識されると、Mac の診断中であることを示す進行状況バーが表示されます。
  5. Mac の診断には 2 〜 3 分かかります。Apple Diagnostics で問題が見つかった場合は、推奨する解決策とリファレンスコードが表示されます。次に進む前に、リファレンスコードを書き留めておいてください。
  6. 以下のいずれかのオプションを選択します。
    • テストを繰り返すには、「テストを実行し直してください」をクリックするか、「command (⌘) + R」キーを押します。
    • 修理サービスやサポートのオプションなど、詳しい情報を確認するには、「開始する」をクリックするか、「command + G」キーを押します。
    • Mac を再起動するには、「再起動」をクリックするか、「R」キーを押します。
    • システム終了するには、「システム終了」をクリックするか、「S」キーを押します。

詳細情報を確認するオプションを選択した場合、Mac が macOS 復元から起動し、Web ページが開いて、国または地域の選択画面が表示されます。「同意して送信」をクリックして、シリアル番号とリファレンスコードを App に送信してください。続いて、画面に表示される修理サービスとサポートの手順にそって操作します。終わったら、Apple メニューから「再起動」または「システム終了」を選択できます。


上記の手順を実行するには、インターネット接続が必要です。インターネットに接続されていない場合は、接続方法を案内するページが表示されます。

関連情報

起動時に「D」キーを押しても Apple Diagnostics が起動しない場合は、以下のように対処してください。

  • ファームウェアパスワードを使っている場合は、無効に切り替えてください。Apple Diagnostics を使った後で有効に戻すことができます。
  • 起動時に「option + D」キーを長押しして、インターネット経由で Apple Diagnostics を起動してみます。
公開日: