AirMac ベースステーション:ルーター/NAT モードでファームウェア 7.6.3 をインストールした後の IPv6 トンネルエラー

AirMac ユーティリティにポップオーバー表示される IPv6 トンネルエラーについて説明します。

重要:AirMac ベースステーションが DHCP および NAT モードで動作している場合にのみ、以下の手順に従ってください。AirMac ベースステーションがブリッジモードで動作している場合は、以下の手順を実行しないでください。「ネットワーク」タブを選択して、AirMac ベースステーションの「ルーターモード」の設定を確認してください。「ルーターモード」は最初の設定です。

AirMac ファームウェア 7.6.3 では、IPv6 手動トンネルモードのすべてのフィールドに有効なエントリがもれなく入力されている必要があります (注意:これは、IPv6 自動トンネルモードには該当しません)。ファームウェア 7.6.3 をインストールする前にこのモードを使っていた場合で、IPv6 手動トンネルモードの設定が不完全またはない場合、ベースステーションがオレンジ色に点滅し、AirMac ユーティリティに「IPv6 トンネルエラー」というエラーがポップオーバー表示されます。

AirMac ユーティリティのポップアップからこのエラーを選択すると、「IPv6 トンネルのエンドポイントで問題がありました。サービスが復元するのを待ってからやり直してください。問題が解決しない場合はサービスプロバイダに連絡してください。」というメッセージが表示されます。

 

 

ルーター/NAT モードでファームウェア 7.6.3 にアップグレードした後の IPv6 トンネルエラーを解決する

  1. IPv6 サービスプロバイダから正しい設定を入手します。
  2. IPv6 WAN アドレス、IPv6 デフォルト経路、リモート IPv4 アドレス、IPv6 委任プレフィックス、IPv6 LAN アドレスを適切なフィールドに入力します。下の設定例を参照してください。

 
注意:必ず青色でハイライトされているすべてのフィールドに有効なエントリをもれなく入力してください。

IPv6 トンネルモードを手動設定する手順の詳細

  1. IPv6 サービスプロバイダから正しい設定を入手します。
  2. AirMac ユーティリティを開き、設定するデバイスを選択します。必要に応じてパスワードを入力します。
  3. 「インターネット」をクリックし、「インターネットオプション」をクリックします。
  4. 「IPv6 の構成」ポップアップメニューから「手入力」を選択します。
  5. 「IPv6 モード」ポップアップメニューから「トンネル」を選択します。
  6. サービスプロバイダから入手した、IPv6 WAN アドレス、デフォルト経路などの情報を入力します。必ずすべてのボックスに正しく入力してください。

 

公開日: