OS X 用の Java アップデートが 2015 年 7 月 15 日付でリリースされました

Java アップデートには、最近明らかになった Java Web プラグインの脆弱性への対策が施されています。

OS X Lion v10.7.5 または OS X Mountain Lion v10.8.3 以降をお使いの場合

Oracle から最新バージョンの Java を入手してください。

Java 7 以降がすでにインストールされている場合は、Java コントロールパネルを使って、アップデートをダウンロードしてインストールできます。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Java」をクリックして Java コントロールパネルを開きます。
  2. 「更新」タブをクリックして、画面の指示に従います。

Mac OS X v10.6.8 をお使いの場合

ソフトウェア・アップデートまたは Mac App Store を使って、適用可能なソフトウェアアップデートをすべてインストールします。

Java Web App の潜在的な脆弱性への対策

Java Web プラグインを無効にしておいて、Java Web App を実行する必要があるときに限り有効にすることができます。プラグインが有効な間は、Java Web App が必要な Web サイトだけを閲覧します。それらの Web サイトを閲覧し終わったら、Java Web プラグインを再び無効にします。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: