iOS 6.1 ソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについて

iOS 6.1 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple では、ユーザ保護の観点から、完全な調査が終了して必要なパッチやリリースが利用可能になるまではセキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。Apple 製品のセキュリティについては こちら を参照してください。

Apple Product Security PGP キーについては こちらの記事 を参照してください。

CVE ID を使って脆弱性を調べることもできます。

その他のセキュリティアップデートについては、こちらの記事を参照してください。

iOS 6.1

  • Identity Services

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:証明書ベースの Apple ID による認証がバイパスされる可能性がある。

    説明:Identity Services にエラー処理の問題がありました。ユーザの Apple ID 証明書が認証に失敗した場合、ユーザの Apple ID が空白のストリングであるとみなされていました。別々のユーザが所有する複数のシステムがこの状態になった場合、この ID 確認に依存するアプリケーションでは信頼の範囲が大幅に拡大されます。この問題は、空白のストリングの代わりに「NULL」が返されるようにすることで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-0963

  • International Components for Unicode (ICU)

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:悪意を持って作成された Web サイトにアクセスすると、クロスサイトスクリプティング攻撃を受ける可能性がある。

    説明:EUC-JP エンコーディングの処理に正規化の問題があり、EUC-JP でエンコードされた Web サイトがクロスサイトスクリプティング攻撃を受ける可能性がありました。この問題は、EUC-JP のマッピングテーブルをアップデートすることで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2011-3058:Masato Kinugawa 氏

  • カーネル

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:ユーザモードのプロセスがカーネルメモリにアクセスできる可能性がある。

    説明:iOS カーネルに、ユーザモードのポインタとレンジが copyin/copyout 関数に渡されたことを検証するチェック項目があり、ユーザモードのプロセスはカーネルメモリに直接アクセスできません。長さが 1 ページに満たない場合、チェック項目は使われていません。この問題は、copyin/copyout 関数に渡される因数の検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-0964:Azimuth Security の Mark Dowd 氏

  • セキュリティ

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:特権のあるネットワークポジションの攻撃者がユーザの資格情報またはその他の機密情報を攻撃する場合があります。

    説明:中間 CA 証明書が TURKTRUST により誤って発行されていました。これにより、中間者攻撃を行う者が接続をリダイレクトして、ユーザの資格情報またはその他の機密情報を攻撃することができました。この問題は、不正な SSL 証明書を許可しないことで解決されました。

  • StoreKit

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:ユーザが操作していないにもかかわらず、Mobile Safari で JavaScript が有効になる可能性がある。

    説明:ユーザが Safari の環境設定で JavaScript を無効にしている場合、Smart App Banner が表示されているサイトにアクセスするとユーザに警告が表示されずに JavaScript が再有効化されます。この問題は、Smart App Banner を伴うサイトにアクセスしたときに JavaScript を有効化しないことで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-0974:Zarfhome Software Consulting の Andrew Plotkin 氏、BitCloud の Ben Madison 氏、Marek Durcek 氏

  • WebKit

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:悪意を持って作成された Web サイトにアクセスすると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性がある。

    説明:WebKit にメモリ破損の脆弱性が複数存在します。この問題はメモリ処理を改善することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2012-2857:Arthur Gerkis 氏

    CVE-2012-3606:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya 氏 (Inferno)

    CVE-2012-3607:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya 氏 (Inferno)

    CVE-2012-3621:Google Chrome Security Team の Skylined 氏

    CVE-2012-3632:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya 氏 (Inferno)

    CVE-2012-3687:kuzzcc 氏

    CVE-2012-3701:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya 氏 (Inferno)

    CVE-2013-0948:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya (Inferno) 氏

    CVE-2013-0949:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya (Inferno) 氏

    CVE-2013-0950:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya (Inferno) 氏

    CVE-2013-0951:Apple

    CVE-2013-0952:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya (Inferno) 氏

    CVE-2013-0953:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya (Inferno) 氏

    CVE-2013-0954:Google の Dominic Cooney 氏および Google Chrome Security Team の Martin Barbella 氏

    CVE-2013-0955:Apple

    CVE-2013-0956:Apple Product Security

    CVE-2012-2824:miaubiz 氏

    CVE-2013-0958:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya (Inferno) 氏

    CVE-2013-0959:Google Chrome Security Team の Abhishek Arya (Inferno) 氏

    CVE-2013-0968:Aaron Nelson 氏

  • WebKit

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:悪意を持って作成された Web サイトでコピー&ペーストを行うと、クロスサイトスクリプティング攻撃を受ける可能性がある。

    説明:別のコピー元からペーストされたコンテンツの処理に、クロスサイトスクリプティングの問題が存在します。この問題は、ペーストされたコンテンツの検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-0962:Cure53 の Mario Heiderich 氏

  • WebKit

    対象となるデバイス:iPhone 3GS 以降、iPod touch (第 4 世代) 以降、iPad 2 以降

    影響:悪意を持って作成された Web サイトにアクセスすると、クロスサイトスクリプティング攻撃を受ける可能性がある。

    説明:フレーム要素の処理にクロスサイトスクリプティングの問題があります。この問題は、オリジンの追跡機能を改良することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2012-2889:Sergey Glazunov 氏

  • WiFi

    対象となるデバイス:iPhone 3GS、iPhone 4、iPod touch (第 4 世代)、iPad 2

    影響:同じ Wi-Fi ネットワーク上のリモートの攻撃者が、Wi-Fi を一時的に無効にできる可能性がある

    説明:Broadcom's BCM4325 および BCM4329 のファームウェアの 802.11i の情報要素の処理に、境界を越えた読み取りの問題があります。この問題は、802.11i の情報要素の検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2012-2619:Core Security の Andres Blanco 氏および Matias Eissler 氏

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: