Apple TV で Bluetooth キーボードを使う

Bluetooth キーボードを Apple TV に接続したら、そのキーボードを使って、検索やメニュー操作といった作業をこなせるようになります。

Apple Magic Keyboard や Apple Wireless Keyboard を Apple TV にペアリングできます。他社製の多くの Bluetooth キーボードも Apple TV に対応しています。他社製のキーボードとの互換性があるかどうか不明な場合は、メーカーにお問い合わせください。

キーボードをペアリングする

  1. キーボードの電源を入れます。他社製のキーボードの場合は、検出可能モードに適宜切り替えてください。よくわからない場合は、付属の説明書でご確認ください。
  2. Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) の場合は、「設定」>「リモコンとデバイス」>「Bluetooth」の順に選択します。以前のモデルの場合は、「設定」>「一般」>「Bluetooth」の順に選択します。Apple TV が近くの Bluetooth 対応アクセサリの検索を始めます。
  3. キーボードを選択します。
  4. 4 桁のコードの入力画面が表示されたら入力し、「Enter」キーまたは「return」キーを押します。

うまくいかない場合は、対処法を確認してください。

キーボードを使う

  • テキスト、メールアドレス、パスワードなどを検索または入力する。
  • 矢印キー、「return」キー、および「esc」キーを使って Apple TV のメニュー間を移動する。
  • 最初の数文字を入力して、画面上の項目、タイトル、または名前にジャンプする。たとえば、ミュージックコレクションを表示しているときに、曲のタイトルを入力して、その曲にジャンプできます。
  • キーボードに 再生/一時停止巻き戻し、または 早送り のキーがあれば、音楽やビデオの操作に使って、1 つ前に戻ったり次に進んだりできる場合があります。

Magic Keyboard のショートカットを Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) で使う

Magic Keyboard や Magic Keyboard (テンキー付き) をお持ちの場合は、以下に挙げたショートカットを Apple TV で使えます。

  • 「F3」を押して、別の App にすばやく切り替える。
  • 「F4」を押して、ホーム画面に移動する。
  • 「F7」を押して巻き戻す、「F9」を押して早送りする。
  • 「F8」またはスペースバーを押して、コンテンツを再生または一時停止する。
  • 矢印キーを使って移動する。
  • 「return」を押して選択する。

キーボードのペアリングを解除する

  1. Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) の場合は、「設定」>「リモコンとデバイス」>「Bluetooth」の順に選択します。以前のモデルの場合は、「設定」>「一般」>「Bluetooth」の順に選択します。
  2. キーボードを選択して、「デバイスの接続を解除」を選択します。

問題がある場合

キーボードを Apple TV にペアリングできない場合は、以下の手順で対処してください。

  1. キーボードの電源を入れ、Apple TV の通信範囲内に入っていることを確認します。
  2. キーボードが検出可能モードまたはペアリングモードになっているか確認します。なっていない場合は、キーボードの電源を切ってから入れ直してください。詳しくは、キーボードの取扱説明書でお調べください。
  3. キーボードが別のデバイスにペアリングまたは接続されていないことを確認します。

キーボードの接続が安定しない場合は、以下の手順で対処してください。

  1. キーボードの充電または電池の交換が必要でないか確認します。
  2. ほかのワイヤレスデバイスや Bluetooth デバイスなどの干渉源が近くにないか確認します。
  3. キーボードのペアリングを解除してから、Apple TV に再びペアリングします。

Apple TV は、ハードウェアキーボードの配列に関係なく、英語キーボード配列を採用します。他社製の Bluetooth キーボードについてサポートが必要な場合は、メーカーにお問い合わせください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: