Apple ID はどういう場面で使うのか

一組の Apple ID とパスワードで Apple のすべてのサービスにサインインすることができます。

Apple ID は、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple サービスへのアクセスにお使いいただくアカウントです。このアカウントには、サインインにお使いいただくメールアドレスとパスワードのほかに、連絡先やお支払い情報、Apple のサービス全般でご利用いただくセキュリティ情報などが記録されています。

以下に、Apple ID でアクセスするサービスの中で最も広く使われているものを一部紹介します。

  • App Store
  • Apple Music
  • Apple Store (オンライン)
  • Apple Store 直営店のサービスやプログラム (コンシェルジュ、Joint Venture、ワークショップ、ジュニア向けプログラムなど)
  • Apple Store App
  • Apple サポートコミュニティ
  • FaceTime
  • 友達を探す
  • 「iPhone を探す」
  • Game Center
  • iBooks Store
  • iCloud
  • iMessage
  • iTunes Genius
  • iTunes ホームシェアリング
  • iTunes Match
  • iTunes Store
  • iTunes U
  • Mac App Store
  • 写真プリント製品

 

Apple ID アカウントの詳細情報を管理するには、Apple ID アカウントのページにアクセスしてください。

この一覧はあくまで参考であり、予告なく変更されることがあります。Apple ID が必要なすべての機能やサービスを網羅する目的で作成されたものではありません。詳しくは、Apple ID のサポートページをご覧ください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

公開日: