OS X Server (Mountain Lion):キャッシュサービスの高度な設定

OS X Server (Mountain Lion) を実行中の場合は、キャッシュサービスで利用できる高度な設定に関する説明を参照してください。

OS X Server (Mavericks) を実行中の場合、キャッシュサービスの高度な設定について詳しくは OS X Server Advanced Administration ガイド (英語) の「Configure advanced cache settings (高度なキャッシュ設定の構成)」セクションを参照してください。

キャッシュサービスの詳細については、Server App を起動して、「ヘルプ」メニューの「Server ヘルプ」を選択してください。


キャッシュサービスの高度な設定は、コマンドラインまたは「/ライブラリ/Server/Caching/Config/Config.plist」の編集によって行います。キーおよび値の説明を以下にリストアップします。

注意:下記で説明していない「Config.plist」ファイルの設定は変更しないでください。

キー デフォルト 説明
CacheLimit 0 (unlimited) アセットのキャッシュに使われるディスク容量の最大バイト数。このキーは Server App を使って設定できます。
DataPath /Library/Server/Caching/Data キャッシュされたアセットの保存に使われるディレクトリのパス。このキーは Server App を使って設定できます。
Interface Listen on all interfaces キャッシュサービスに使われるネットワークインターフェイスの BSD 名。
ListenRanges なし 指定されたネットワークでどのキャッシュサービスクライアントを優先するかを定義する辞書の配列。詳しくは下記で説明しています。
ListenRangesOnly False ListenRangesOnly が True に設定されている場合、ListenRanges キーで指定された範囲のクライアントにしかサーバがアセットを提供しません。ListenRangesOnly キーを使うには、必ず ListenRanges キーを指定します。
LogLevel info ログ記録の際に使われる冗長性レベル。このキーは次のいずれかに設定できます。
  • off
  • error
  • warn
  • info
  • verbose
注意:運用しているシステムのログ記録レベルはデフォルトの設定のままにしてください。ログ記録レベルを上げるとパフォーマンスが低下する場合があります。ログ記録レベルをデフォルト以上に上げた場合は、追加のログ記録は「/ライブラリ/Server/Caching/Logs/Debug.log」に保存され、Server App の「ログ」セクションには表示されません。
MaxConcurrentClients 0 (allow unlimited clients) 同時クライアントリクエストの最大許可数。
Port 0 (use any port) キャッシュサービスがダウンロードのリクエストを受け入れる TCP ポート番号。
ReservedVolumeSpace 25000000000 キャッシュされたアセットを保存するボリュームに確保される空きディスク容量の最小バイト数。

ListenRanges キー

ListenRanges キーを使って、同じパブリック IP アドレスで複数のキャッシュサーバが使われる高度なネットワークトポロジー内で優先するキャッシュサーバを指定できます。以下に例を示します。

  • caching1.example.com では ListenRanges キーを使って、「10.0.0.1 から 10.0.0.254」、および「10.1.0.1 から 10.1.0.254」の範囲を指定しています。
  • caching2.example.com では ListenRanges キーを使って、「10.1.0.1 から 10.1.0.39」の範囲を指定しています (「caching1」の 2 つめの範囲と重複していることに注意してください)。
  • IP アドレスが「10.0.0.10」のクライアントが任意のアセットをリクエストした場合、そのリクエストは「caching1」に転送されます。
  • IP アドレスが「10.1.0.10」のクライアントが任意のアセットをリクエストした場合、そのリクエストは「caching1」と「caching2」のいずれかに転送されます。この場合、サーバがランダムに選択されます。
  • IP アドレスが「10.2.0.10」のクライアントが任意のアセットをリクエストした場合、そのリクエストは「caching1」と「caching2」のいずれかに転送されます。この場合、サーバがランダムに選択されます。
  • 「caching1」がシステム終了、または停電したが、「caching2」はまだ利用できる場合、すべてのクライアントが「caching2」に転送されます。

キーの値を設定する

単一の単純値を持つキーを設定するには、「serveradmin(8)」コマンドを使います。たとえば、Interface キーを「en1」に設定するには、管理者として次のコマンドを実行します。

sudo serveradmin settings caching:Interface = en1

ListenRanges キーは単一の複合値を持つため、「/ライブラリ/Server/Caching/Config/Config.plist」を編集して値を設定するのが簡単です。このファイルを手動で編集する場合は、必ず最初にキャッシュサービスを停止し、Server App を終了してください。ファイルの編集が終了したら、キャッシュサービスを開始する前に、次のコマンドを実行して、ユーザとグループの所有権を「_assetcache」に設定します。

sudo chown _assetcache:_assetcache /Library/Server/Caching/Config/Config.plist

以下は「Config.plist」ファイルの例です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
 <dict>
   <key>CacheLimit</key>
   <!-- Set a CacheLimit of 200 GB -->
   <integer>200000000000</integer>
   <key>DataPath</key>
   <string>/Volumes/BigDisk/Caching/Data</string>
   <key>Interface</key>
   <string>en1</string>
   <key>ListenRanges</key>
   <array>
     <dict>
       <key>type</key>
       <string>IPv4</string>
       <key>first</key>
       <string>10.0.0.1</string>
       <key>last</key>
       <string>10.0.0.254</string>
     </dict>
     <dict>
       <key>type</key>
       <string>IPv4</string>
       <key>first</key>
       <string>10.1.0.1</string>
       <key>last</key>
       <string>10.1.0.254</string>
     </dict>
   </array>
   <key>ListenRangesOnly</key>
   <true/>
   <key>LogLevel</key>
   <string>info</string>
   <key>MaxConcurrentClients</key>
   <integer>100</integer>
   <key>Port</key>
   <integer>12345</integer>
   <key>ReservedVolumeSpace</key>
   <!-- Set the ReservedVolumeSpace to 1 GB -->
   <integer>1000000000</integer>
 </dict>
</plist>
公開日: