iPhone、iPad、iPod touch で画面の視差効果を減らす

iPhone、iPad、iPod touch の画面が揺れる視差効果が目につく場合は、「視差効果を減らす」をオンにしてみてください。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。iPhone、iPad、iPod touch のモーションエフェクトや画面の揺れが気になる方は、「視差効果を減らす」を使って、この効果を抑えることができます。

     

「視差効果を減らす」をオンにするには、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「視差効果を減らす」の順に選択し、「視差効果を減らす」をオンにします。

「視差効果を減らす」がオンの場合、以下のように特定のスクリーンエフェクトが変化したり、デバイスで無効になったりします。

  • 画面の切り替えやスクリーンエフェクトで、ズームやスライド効果ではなくディゾルブ効果が使われます。
  • 壁紙、App、通知がデバイスを傾けると少し揺れ動くパララックスエフェクト (視差効果) が無効になります。
  • 特定の App のアニメーションとエフェクトが無効になります。たとえば、天気 App の天気のアニメーションが該当します。

「メッセージのエフェクトを自動再生」をオンにすると、吹き出しエフェクトやフルスクリーンエフェクトが自動的に再生されます。この機能をオフにして、エフェクトを手動で再生することもできます。メッセージの下の をタップしてください。

iPad Pro (10.5-inch) または iPad Pro 12.9-inch (第 2 世代) をお使いの場合は、ディスプレイのフレームレートを制限する方法について、こちらの記事を参照してください。

公開日: