Java for OS X 2012-006 および Java for Mac OS X 10.6 Update 11 のセキュリティコンテンツについて

Java for OS X 2012-006 および Java for Mac OS X 10.6 Update 11 のセキュリティコンテンツについて説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Java for OS X 2012-006 および Java for Mac OS X 10.6 Update 11

  • Java

    対象となるバージョン:Mac OS X v10.6.8、Mac OS X Server v10.6.8、OS X Lion v10.7 以降、OS X Lion Server v10.7 以降、OS X Mountain Lion v10.8 以降

    影響:Java 1.6.0_35 に複数の脆弱性がある。

    説明:Java 1.6.0_35 に複数の脆弱性があります。もっとも重大な脆弱性は、信頼されていない Java アプレットによって Java サンドボックス外の任意のコードが実行される可能性があることです。悪意を持って作成された信頼されていない Java アプレットが含まれる Web ページにアクセスすると、現在のユーザの権限を使って任意のコードが実行される可能性があります。この問題は、Java バージョン 1.6.0_37 にアップデートすることによって解消されます。詳しくは、Java Web サイト http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/releasenotes-136954.html を参照してください。

    CVE-ID

    CVE-2012-1531

    CVE-2012-1532

    CVE-2012-1533

    CVE-2012-3143

    CVE-2012-3159

    CVE-2012-3216

    CVE-2012-4416

    CVE-2012-5068

    CVE-2012-5069

    CVE-2012-5071

    CVE-2012-5072

    CVE-2012-5073

    CVE-2012-5075

    CVE-2012-5077

    CVE-2012-5079

    CVE-2012-5081

    CVE-2012-5083

    CVE-2012-5084

    CVE-2012-5086

    CVE-2012-5089

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: