iWork 9.3 アップデートについて

iWork 9.3 は、OS X Lion (10.7.4 以降) で、iWork 9.0 以降を使う場合に適用してください。アップデート 9.3 では、iOS 用 iWork 1.7 App のサポートが追加されています。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

アップデートのインストール

iWork 9.3 にアップデートするには、Mac App Store、ソフトウェア・アップデート、または単体インストーラを使います。これらのインストール方法のいずれか 1 つを選択してお使いください。

Mac App Store

Pages、Numbers、または Keynote を Mac App Store から購入している場合は、この方法を使います。

Mac App Store を開き、「アップデート」タブに移動して、購入した iWork アプリケーションをアップデートします。

ソフトウェア・アップデート

iWork をパッケージ版で購入している場合、または iWork のトライアル版をダウンロードしてアクティベーションした場合は、この方法を使います。

Apple () メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択すると、インターネット経由でこのアップデートを含む最新の Apple ソフトウェアを自動的に確認します (ソフトウェア・アップデートでは、アップデートの詳細の参照先としてこの記事へのリンクが含まれる可能性があります)。お使いのコンピュータが最新の状態でない場合は、コンピュータで利用可能なほかのソフトウェアアップデートが表示される場合があります。ソフトウェア・アップデートからアップデートをインストールする際に、お使いのコンピュータに最適なアップデートが自動的に選択されるため、アップデートのサイズはコンピュータによって異なる場合があります。また、アップデートによっては、ほかのアップデートを先にインストールする必要があります。この場合は、目的のアップデートをすべてインストールするまでに、ソフトウェア・アップデートを数回実行することになります。このアップデートを実行するには、OS X Lion v10.7.4 以降が必要です。

単体インストーラ

iWork をパッケージ版で購入している場合、または iWork のトライアル版をダウンロードしてアクティベーションした場合は、この方法を使います。これは、上記のソフトウェア・アップデートの代わりになる方法です。

アップデートインストーラをダウンロードし、手動で実行します。これは、アップデートを一度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。iWork 9.3 の単体インストーラは、Apple サポートダウンロード ページから入手できます。このアップデートを実行するには、OS X Lion v10.7.4 以降が必要です。

アップデートの内容:

Pages 4.3、Numbers 2.3、および Keynote 5.3 を iOS 用 iWork 1.7 に対応するようにアップデートします。

このアップデートは、iWork 9.0 以降のユーザにお勧めします。

公開日:Thu Sep 10 19:06:13 GMT 2015