iPhone、iPad、および iPod touch でアクセスガイドを使う

アクセスガイドは、iPhone、iPad や iPod touch の使用時に 1 つのタスクに集中するために役立ちます。アクセスガイドでは、お使いのデバイスを 1 つの App のみに制限して、App のどの機能を使用できるかを管理できます。

アクセスガイドは、以下の用途でお使いいただけます。

  • iOS デバイスで一時的に 1 つの App しか使えないように制限する
  • 画面上のタスクに関係ない範囲、または間違えてジェスチャを行うと集中が妨げられる原因となる範囲を無効にする
  • ハードウェアボタンを無効にする

アクセスガイドを設定する

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「アクセスガイド」の順にタップし、アクセスガイドを設定します。この画面では、以下の設定を行うことができます。

  • アクセスガイドのオン/オフを切り替える
  • パスコードを設定して、アクセスガイドの使用を管理し、ほかの人が実行中のセッションを中止できないようにする
  • セッション中のデバイスのスリープを許可するかどうか設定する

アクセスガイドのセッションを開始する

アクセスガイドのセッションは、次の手順で開始してください。

  1. 使いたい App を開きます。
  2. ホームボタンをトリプルクリックします。
  3. セッションの設定を調整してから「開始」をタップします。

App のコントロール、画面の感知、動作の感知

アクセスガイドを使って、App のコントロール、画面の一部、動作の感知をオフに切り替えることができます。以下の手順に従ってください。

App のコントロールと App 画面の一部を無効にするには、次の手順を実行してください。

  1. 無効にしたい画面上の範囲を円で囲みます。
  2. ハンドルを使って範囲を調整します。

画面上のタッチをすべて無視する場合は、「タッチ」をオフにします。

iOS デバイスの向きが縦から横に切り替わらないようにする場合や、ほかの動作に反応しないようにする場合は、「動作」をオフにします。

アクセスガイドのセッションを終了する

iOS デバイスで Touch ID をお使いの場合は、Touch ID を使ってアクセスガイドのセッションを終了できます。まず、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「アクセスガイド」>「パスコード設定」の順にタップし、「Touch ID」をオンにしておきます。その後、アクセスガイドを使っているときに、次の手順でセッションを終了できます。

  1. ホームボタンを 1 回押します。
  2. Touch ID を使います。

デバイスで Touch ID を使っていない場合は、次の手順でアクセスガイドのセッションを終了してください。

  1. ホームボタンをトリプルクリックします。
  2. アクセスガイドのパスコードを入力します。
公開日: