iPhone、iPad、iPod touch でアクセスガイドを使う

アクセスガイドは、iOS デバイスで 1 つの App しか使えないように制限します。どの機能を使えるようにするかもコントロールできます。お子様に自分のデバイスを使わせる場合や、ジェスチャの誤認が煩わしい場合は、アクセスガイドを有効にしておけます。

アクセスガイド

 

アクセスガイドを設定する

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「アクセスガイド」の順に選択します。
  2. 「アクセスガイド」をオンにします。
  3. 「パスコード設定」をタップし、「アクセスガイドのパスコードを設定」をタップします。
  4. パスコードを入力し、もう一度入力します。同じ画面で、アクセスガイドのセッションを Face ID または Touch ID で終了できるようにしておくこともできます。


アクセスガイドのセッション

アクセスガイドのセッションを開始する

  1. 使いたい App を開いて、ホームボタンを 3 回押します。iPhone X では、サイドボタンを 3 回押します。 
  2. 画面の一部がタッチ操作に反応しないようにする場合は、1 本指を使って、その部分を円で囲みます。円は移動したりサイズを変更したりできます。また、「X」をタップして削除できます。
  3. 「開始」をタップします。 

また、Siri* を使ってアクセスガイドのセッションを開始できます。使いたい App を開いて、Siri に「アクセスガイドをオンにして」と頼んでください。 

* Siri の機能は、国や地域によって異なる場合があります。

利用できるようにする機能をコントロールする

  1. 機能を無効にしたり時間制限を設けたりするには、ホームボタンまたはサイドボタンを 3 回押して、「オプション」をタップします。「オプション」が表示されない場合は、ホームボタンまたはサイドボタンをもう一度 3 回押して、パスコードを入力してください。
  2. 必要なオプションをオンにして、「完了」をタップします。


スリープ/スリープ解除ボタン:デバイスのスリープ/スリープ解除ボタンを無効にするには、このオプションをオフにします。


ボリュームボタン:デバイスの音量調節ボタンを無効にするには、このオプションをオフにします。


動作:デバイスが動きに反応しないように制限するには、このオプションをオフにします。たとえば、シェイクしても画面が反応しなくなり、デバイスの持ち方を変えても画面が回転しなくなります。


キーボード:キーボードを無効にして表示されないようにする場合は、このオプションをオフにします。


タッチ:画面をタッチしてもデバイスが反応しないようにする場合は、このオプションをオフにします。


辞書検索:テキストを選択したときに「調べる」機能を使うには、このオプションをオンにします。


時間制限:アクセスガイドセッションの制限時間を選択するには、このオプションをオンにします。

 

      

   

アクセスガイドのセッションを終了する

ホームボタンまたはサイドボタンを 3 回押して、アクセスガイドのパスコードを入力してから、「終了」をタップします。または、アクセスガイドに対して Touch ID または Face ID を有効にしている場合は、ホームボタンまたはサイドボタンを 2 回押します。

 

公開日: