Apple Configurator 1.2 について

Apple Configurator 1.2 について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Apple Configurator 1.2 は、すべての Apple Configurator ユーザに推奨します。このアップデートは Mac App Store の「アップデート」タブから入手できます。

バージョン 1.2 の変更点

このアップデートでは安定性とパフォーマンスが全体的に改善されました。また、以下の変更が含まれます。

  • 監視対象の iOS デバイスで iOS 6 の新しい機能 (「App を制限」および「グローバル HTTP プロキシ」) をサポートします。
  • 監視対象デバイスで iOS 6 の以下の新しい制限機能をサポートします。
    • デバイスから App を削除することを許可
    • iMessage の使用を許可
    • iBooks Store にアクセスしたり、「アダルト」に分類されるブックを iBooks Store から購入することを許可
    • Siri で不適切な言葉のフィルタリングを許可
    • Game Center の使用を許可
    • 新しい構成プロファイルのインストールを許可
  • 新しい iPhone または iPad Wi-Fi + Cellular をアクティベートする際の信頼性が向上しました。
  • Apple Configurator を終了および再起動するときに、「準備」パネルで直前に使用した設定が保持されます。
  • 現在リカバリモードのデバイスをアップデートまたは復元する機能を改善しました。
  • Active Directory のグループのメンバーが「割り当て」パネルに表示されるようになりました。
  • App Store の有料 App は、デバイスが監視されている場合のみ「準備」パネルでインストールできるようになりました。
  • Apple TV で詳細ネットワークオプションの構成をサポートします。

関連情報

Apple Configurator バージョン 1.2 をはじめて実行する場合は、こちらの記事も参照してください。

公開日: