Mac mini (Late 2012):メモリ仕様とアップグレード

Mac mini (Late 2012) および Mac mini server (Late 2012) で使用できるメモリの種類について説明します。

Mac mini (Late 2012) および Mac mini server (Late 2012) には、2 つのメモリスロットが装備されています。これらのスロットには、次の仕様の標準の PC3-12800 DDR3 204 ピン SO-DIMM (Small Outline DIMM) を装着できます。

  • PC3-12800 DDR3
  • バッファなし
  • パリティなし
  • 204 ピンモジュール
  • 1600 MHz

各スロットには、2 GB、4 GB、または 8 GB の RAM モジュールを装着できます。最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、サイズが異なるメモリモジュールを組み合わせるのではなく、同じメモリモジュールを 2 枚一組で取り付けてください。

次の仕様の DIMM には対応していません。

  • レジスタまたはバッファ付き
  • PLL
  • ECC
  • パリティ付き
  • EDO RAM

関連情報

お使いの Mac mini (Late 2012) のメモリのアップグレードについては、こちらの記事を参照してください。

公開日: