OS X:Mountain Lion でリマインダーをバックアップおよび復元する

Mountain Lion では、リマインダーのコピーを保存し、以前の状態を復元する必要が生じた場合に備えることができます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

バックアップファイルを作成する

Time Machine を使って、リマインダーおよびその他の重要なデータをバックアップできます。また、次の手順にそって、リマインダーのバックアップを個別に手動で作成することもできます。

  1. リマインダーで「ファイル」>「書き出す」を選択します。
  2. バックアップファイルの名前を入力して保存場所 (デスクトップや「書類」フォルダなど) を選択し、「書き出す」をクリックします。 これによって「.ICS」ファイルが作成されます。

バックアップファイルからリマインダーを復元する

次の手順にそって、以前に手動で作成したバックアップからリマインダーを復元します。 

重要:バックアップファイルを読み込むと、バックアップ作成後にリマインダーで行った変更は失われます。

  1. リマインダーで「ファイル」>「読み込む」を選択します。
  2. リマインダーのバックアップファイル (.ICS) を見つけて選択し、「読み込む」をクリックします。
     

Time Machine を使っていて、コンピュータ上のどこかに手動でリマインダーのコピーを保存していた場合、保存後にそのファイルを削除しても、Time Machine を使ってリマインダーを復元できます。

重要:バックアップファイルを読み込むと、バックアップ作成後にリマインダーで行った変更は失われます。

  1. リマインダーファイルを保存した場所を開きます。
    たとえば、「書類」フォルダにファイルを保存した場合は、「書類」フォルダを開いてください。デスクトップに保存した場合は、どこも開く必要はありません。
  2. Time Machine ボリュームを接続 (まだ接続していない場合) し、Time Machine に入ります。
  3. 画面の右側の矢印またはタイムラインを使って、リマインダーのバックアップファイルが見つかるまでバックアップをブラウズします。
  4. バックアップファイルを選択し、「復元」をクリックします。 ファイルは元の場所に復元されます。
  5. リマインダーで「ファイル」>「読み込む」を選択します。
  6. 復元したリマインダーファイルを見つけて選択し、「読み込む」をクリックします。
公開日: