iBooks Author:XML を使って練習問題を作成する

iBooks Author では XML ファイルを読み込んで「練習問題」ウィジェットを作成することができます。

テキストエディットなど、シンプルなテキストエディタで、iBooks Author の「練習問題」ウィジェット用の問題と回答を含む XML ドキュメントを作成できます。

ドキュメントを作成するには、以下の要素を使います。

要素

属性

注意

review

 

この要素に「練習問題」ウィジェットの要素を入力します。

question

type

問題の要素を入力します。次の値は、この属性に対応しています。

  • multiple-choice
  • multiple-choice-top-image
  • multiple-choice-right-image
  • multiple-choice-images
  • drag-label-to-target
  • drag-image-to-target

text

alt

この要素に問題のテキストを入力します。オプション:アクセシビリティ用のテキストが通常のテキストと異なる場合は、「alt」を使ってテキストを指定します。

main-image

src

alt

問題のメイン画像のファイル名を指定します。「multiple-choice」または「multiple-choice-images」には使いません。オプション:アクセシビリティ用のテキストを指定するには「alt」を使います。

choice

correct-answer

src

target-x

target-y

alt

target-alt

 

回答の属性およびテキスト (または画像) を入力します。
  • 「correct-answer="yes"」を使って、「練習問題」の選択肢問題の正解を指定します。
  • テキストベース (text-based) の回答の場合、回答のテキストはこの要素に含まれている必要があります。
  • 画像ベース (image-based) の回答の場合、「src」属性を使って画像のファイル名を指定します。この要素は画像ベース (image-based) の回答のためのコンテンツを含まないため、「empty-element」構文を使うようにお勧めします。
  • ラベルをターゲットにドラッグ (drag-label-to-target) する問題、および画像をターゲットにドラッグ (drag-image-to-target) する問題の場合、「target-x」と「target-y」属性を使ってターゲットの座標を指定します。「target-x」属性は横軸でのターゲットの位置を定義し、「target-y」は縦軸をコントロールします。座標の幅は、.01 〜 .99 です。X 軸の数値が大きいほど、点はより右になります。また、Y 軸の数値が大きいほど、点は下に近づきます。
  • オプション:どの回答タイプの場合でも、アクセシビリティ用のテキストを指定するには「alt」を使います。
  • オプション:ラベルをターゲットにドラッグ (drag-label-to-target) する問題、および画像をターゲットにドラッグ (drag-image-to-target) する問題の場合、ターゲットにアクセシビリティ用のテキストを指定するには「target-alt」を使います。

line-break

 

この要素はコンテンツを含まないため、「empty-element」構文を使うようにお勧めします。問題または回答のテキストで改行を指定します。

たとえば、画像の選択肢問題 (multiple-choice-images)、ラベルをターゲットにドラッグする問題 (drag-label-to-target)、および選択肢問題は、以下のような記述になります。

<review>
<question type="multiple-choice-images">
	<text>Which of the following do <line-break />all living things need to survive?</text>
	<choice image-src="oxygen.gif" alt="Oxygen" />
	<choice image-src="water.jpg" alt="Water" correct-answer="yes" />
	<choice image-src="carbondioxide.jpeg" alt="Carbon Dioxide" />
</question>
<question type="drag-label-to-target">
	<text>Drag the labels to the appropriate area of the atom</text>
	<main-image src="atom.jpg" alt="Picture of an atom" />
	<choice target-x="0.23" target-y="0.34">Neutron</choice>
	<choice target-x="0.61" target-y="0.75">Electron</choice>
	<choice target-x="0.12" target-y="0.34">Proton</choice>
	</question>
<question type="multiple-choice">
	<text>What is the world’s largest body of water?</text>
	<choice> The Arctic Ocean </choice>
	<choice> The Mediterranean Sea </choice>
	<choice correct-answer="yes"> The Pacific Ocean </choice>
	<choice> The Atlantic Ocean </choice>
</question>
</review>

XML ドキュメントの作成が完了したら、以下の手順を実行します。

  1. 作成したファイル名に「.review」拡張子を付けて、プレーンテキスト文書として保存します。このファイルを任意のフォルダに保存または移動します。
  2. 次に、「練習問題」ウィジェットで使う各画像を「.review」ファイルと同じフォルダにコピーします。
  3. 練習問題を表示させたい iBooks Author ブックに、「.review」ファイルをドラッグします。iBooks Author によって、XML ファイルをドロップした場所に「練習問題」ウィジェットが作成されます。

iBooks Author の練習問題インスペクタで「練習問題」ウィジェットの編集を続けることもできます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: