Apple Remote Desktop Admin 3.6.1 について

Apple Remote Desktop Admin 3.6.1 について説明します。

Apple Remote Desktop Admin 3.6.1 は、Apple Remote Desktop クライアントのリモート管理を可能にする Remote Desktop アプリケーションのアップデートです。

アップデートする方法

OS X Mountain Lion 用には、このアップデートを Mac App Store の「アップデート」タブ、または「ソフトウェア・アップデート」環境設定 (ここから Mac App Store の「アップデート」タブに移動できます) からダウンロードします。

OS X Lion 用には、Mac App Store から Remote Desktop を購入した場合は、Mac App Store の「アップデート」タブからこのアップデートが利用可能です。Remote Desktop を物理ディスクからインストールした場合は、ソフトウェア・アップデート で自動的に更新することができます。

Mac App Store からではなくインストールディスクから Remote Desktop を最初にインストールした場合は、Apple サポートダウンロード からアップデートを手動でダウンロードしてインストールします。

システム条件

  • 
Remote Desktop v3.6.1 を使うには OS X Lion または Mountain Lion が必要です。
  • Remote Desktop v3.6.1 アップデートをインストールするには Apple Remote Desktop 3.0 以降が必要です。
  • OS X Mountain Lion では Remote Desktop v3.6 以降が必要です。

新機能

このアップデートでは、以下の通り、Remote Desktop アプリケーションの全体的な安定性と信頼性が向上しています。

  • コンピュータのリストが多くある場合の起動速度が向上しています。
  • 以前のバージョンの Apple Remote Desktop からアップグレードするときの、移行するコンピュータのリストの信頼性が向上しています。
  • 複数のディスプレイのあるコンピュータを監視/管理する機能が向上しています。

関連情報

Apple Remote Desktop Admin 3.6.1 のセキュリティコンテンツについては、こちらの記事を参照してください。

公開日: