OS X Mountain Lion:アプリケーションを開くと連絡先へのアクセス許可を求める画面が表示される

Mountain Lion の特定のアプリケーションを開くと連絡先へのアクセス許可を求める機能について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ユーザの個人的な連絡先データベースにアクセスする場合のあるアプリケーションを開くと、連絡先へのアクセス許可を求める、次のような警告が表示される場合があります。

 

このメッセージが表示される場合、アプリケーションが付加的なサービス提供のため、連絡先アプリケーション内のデータにアクセスする許可を求めています。

  • アプリケーションが連絡先データにアクセスすることを許可したくない場合は、「許可しない」をクリックします。
  • アプリケーションに連絡先データへのアクセスを認める場合は、「OK」をクリックします。

連絡先へのアクセスを試みるアプリケーションを次回開いたときには、この警告は表示されません。もう一度表示させたい場合は、次のセクションを参照してください。
 

連絡先データのプライバシーを管理する

システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」パネルを使います。Apple () >「システム環境設定」の順に選択します。「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」タブをクリックします。鍵のアイコンをクリックして、管理者パスワードを入力します。

「連絡先」を選択して、アクセス権を許可/拒否するアプリケーションのチェックボックスを選択/選択解除します。

関連情報

以下の Apple 製アプリケーションは、連絡先情報へのアクセス許可を求める場合があります。

  • iTunes と AppleMobileDeviceHelper — AppleMobileDeviceHelper とは、iPod や iPhone との連絡先データの同期に役立つ iTunes のサービスです。
  • Pages — メールのマージ機能を使うため。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: