OS X Lion v10.7.5 アップデートについて

OS X Lion v10.7.5 アップデートについて説明します。

OS X Lion をお使いのすべてのユーザに、OS X Lion v10.7.5 アップデートを実行するようお勧めします。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを改善するオペレーティングシステムの全般的な修正が含まれています。

システムのアップデート

インストールする前にシステムをバックアップする必要がありますが、それには Time Machine を使うことができます。

システムのアップデートを開始したら、途中でインストールを中断しないようにしてください。システムに変更を加えるような他社製のソフトウェアがインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムが変更されている場合は、予期しない結果が起こることがあります。Apple () メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択すると、インターネット経由でこのアップデートを含む最新の Apple ソフトウェアを自動的に確認します。

お使いのコンピュータに対するソフトウェアアップデートがほかにもある場合は、すべてインストールしてください。Apple メニュー () の「ソフトウェア・アップデート」を使ってインストールした場合は、コンピュータによってアップデートのサイズが異なる場合があります。また、アップデートの中には、ほかのアップデートよりも先にインストールする必要があるものがあります。このため、ソフトウェア・アップデートは「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されるまで実行してください。

アップデートインストーラを手動で ダウンロード することもできます。これは、アップデートを一度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。これらの単体インストーラは、Apple サポートのダウンロードページから入手できます。

関連情報

OS X Lion v10.7.5 アップデートには、Mac を悪意のあるソフトウェアから守る役割を果たすセキュリティ機能の Gatekeeper などが含まれています。

このアップデートには、次のような修正も含まれています。

  • Launchpad で、再起動後にアイコンが再配置される問題を解決
  • iMac (Late 2009 以降) の Wi-Fi の信頼性の向上
  • Spotlight を使って SMB サーバを検索するときに発生する問題を解決
  • Active Directory サーバに接続するときの互換性が向上
  • MacBook Air (Mid 2012) を Thunderbolt に接続してオーディオを再生すると発生する問題の解決
  • コンピュータのパスワードおよび DNS レコードをアップデートするときの Active Directory クライアントの機能を改善
  • 802.1X パスワードを変更時にキーチェーンを適切にアップデート
  • 一部のアプリケーションでテキスト入力フィールドが黒い色で表示される問題を解決
  • Microsoft Exchange Server 2010 への移行時に iCal イベントを保持
  • ユーザのプライマリグループに基づく管理された環境設定を使用
  • Web プロキシを使って安全な Web サイトにアクセスするときに発生する問題を解決
  • 802.1X ネットワークで認証するときに使われる RSA トークンの互換性を向上
  • Centrify DirectControl 認証との互換性を向上
  • NIS アカウントへの自動ログインが可能
  • @icloud.com メールアドレスをサポート
  • 一部の Mac ノートブックに接続したときに特定のプロジェクタに発生するビデオの問題を解決

このアップデートのセキュリティコンテンツに関する詳細については、こちらの Web サイト にアクセスしてください。


Mac OS X v10.7.5 補足アップデート

Mac OS X v10.7.5 補足アップデートには以下の修正が含まれています。

  • Time Machine バックアップが完了するまでに時間がかかる場合がある問題を解決
  • デベロッパ ID で署名されたアプリケーションを開くことができない問題を修正

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: