Mac OS X v10.6 以降でケーブル、DSL、またはローカルエリアネットワーク (LAN) を使ってインターネットに接続する

Mac OS X v10.6 以降で、ケーブルモデム、デジタル加入者線 (DSL)、または Ethernet ローカルエリアネットワーク (LAN) を使ってインターネットに接続する方法を説明します。

システム環境設定の「ネットワーク」パネルで「内蔵 Ethernet」ポートの設定を行い、ケーブルモデム、デジタル加入者線 (DSL)、または Ethernet ローカルエリアネットワーク (LAN) を使ってインターネットに接続する方法を説明します。

注意

  • インターネットサービスプロバイダ (ISP) に接続するときに PPPoE が必要な場合は、まず こちらの記事を参照してください。
  • AirMac ベースステーションをお使いの場合は、ネットワークに設置する前に下記の手順を実行してから、この記事の最後にある「AirMac 用の追加手順」セクションを参照します。

Mac OS X v10.5 以前で接続する場合は、こちらの記事 を参照してください。

ケーブルモデム、DSL、または LAN を使って接続する

  1. ISP またはネットワーク管理者から次の情報を収集します。
    • ドメインネームサーバ (DNS) のアドレス
    • DHCP を使うべきか、手動で IP アドレスを設定するべきか。実際の手順は、下記の手順 7 で実行します。

    手動設定の場合のみ:
    • IP アドレス
    • ルーターアドレス
    • サブネットマスク

    ヒント:DHCP を使っている場合、ISP またはローカルネットワークは、通常、自動的に DNS アドレスを提供しています。
     
  2. Apple () メニューの「システム環境設定」を選択します。
  3. 表示」メニューから「ネットワーク」を選択します。
  4. 画面のロックを解除し (必要な場合)、Ethernet インターフェイスを選択します。 
  5. 詳細」ボタンをクリックします。
  6. 必要に応じて、「TCP/IP」タブをクリックします。
  7. 手順 1 で ISP から指示された通りに、「設定」ポップアップメニューで「手入力」または「DHCP サーバを使用」を選択します。
  8. 手順 1 で収集したその他の情報を、該当するフィールドに入力します。注意:ISP から指示されていない限り、「DHCP クライアント ID」フィールドおよび「検索ドメイン」フィールドは無視できます。
  9. 「今すぐ適用」をクリックします。
  10. Web ブラウザまたはその他の TCP/IP アプリケーションを開いて、インターネット接続をテストします。


AirMac 用の追加手順

  1. コンピュータがインターネットに正常に接続された後で、ベースステーションをネットワークに物理的に接続します。
  2. DSL またはケーブルモデムの電源コードを数秒間コンセントから抜いて、その後もう一度差し込みます。
  3. コンピュータの設定をベースステーションにコピーするには、AirMac ユーティリティ (/アプリケーション/ユーティリティ/ にあります) を使います。
公開日: