Mac でネットワーク環境を使う方法

システム環境設定の「ネットワーク」の「ネットワーク環境」機能を使って、ネットワーク設定を別の設定一式に簡単に切り替えることができます。

ネットワーク設定一式 (ネットワーク環境) をまとめて切り替えられると、以下のような状況で便利です。

  • 職場と自宅で同じ種類のネットワーク (Ethernet など) を使っているが、職場で使っている設定のままでは、自宅で同じ種類のネットワークに Mac を自動的に接続できない。
  • Mac を職場と自宅で複数の種類のネットワークサービス (Wi-Fi と Ethernet の両方) に接続しているが、職場では Mac から Ethernet ネットワークへの接続を一番に試し、自宅では Wi-Fi ネットワークへの接続を優先的に試したい。つまり、それぞれの環境でサービスの順序を個別に設定しておきたい場合です。
  • Mac がネットワークに接続されないので、ネットワーク設定をテストの目的ですばやくリセットし、現在のネットワーク設定は失くさずに残しておきたい。

上記のいずれの場合も、システム環境設定の「ネットワーク」パネルの「ネットワーク環境」機能が役に立ちます。 


ネットワーク環境を追加または削除する方法

  1. Apple メニュー () >「システム環境設定」の順に選択し、「ネットワーク」をクリックします。
  2. 「ネットワーク環境」ポップアップメニューに、現在選択されているネットワーク設定一式の名前が表示されます。デフォルトのネットワーク環境の名前は「自動」です。このメニューから「ネットワーク環境を編集」を選択します。システム環境設定の「ネットワーク」パネル、「ネットワーク環境」のポップアップメニューが表示されているところ
  3. ネットワーク環境のリストの下にある「+」(追加) ボタンをクリックし、新しいネットワーク環境の名前 (「職場」「自宅」「モバイル」など) を入力します (ネットワーク環境を削除するには、リストの下の「-」(削除) ボタンを使います)。
  4. 「完了」をクリックします。「ネットワーク環境」メニューに、新しいネットワーク環境の名前が表示されるはずです。この状態で Wi-Fi 、Ethernet、その他のネットワークの設定を変更すると、「適用」をクリックしたときに、新しいネットワーク環境に設定内容が保存されます。以前のネットワーク環境のネットワーク設定はそのまま残るので、いつでも「ネットワーク環境」メニューを使って元に戻せます。
  5. 「適用」をクリックして設定内容を保存し、以前のネットワーク環境から新しいネットワーク環境への切り替えを終わらせます。Mac が、各種のネットワークに対して正しい設定を自動判定するようになります。設定を手動で変更する必要がある場合は、変更を加えてから、あらためて「適用」をクリックするようにしてください。


ネットワーク環境を切り替える方法

複数のネットワーク環境がある場合は、以下のいずれかの方法でそれらを切り替えることができます。

  • 前述の通りに、システム環境設定の「ネットワーク」パネルの「ネットワーク環境」ポップアップメニューを使います。ネットワーク環境を選択した後で忘れずに「適用」をクリックしてください。
  • または、メニューバーから Apple メニュー >「ネットワーク環境」の順に選択し、サブメニューからネットワーク環境を選択します。


ネットワークサービスの順序を変更する方法

ネットワーク環境を使い、それぞれのネットワーク環境で優先的に接続するネットワークサービスを変えたい場合は、以下の手順にそって、各ネットワーク環境におけるサービスの順序 (「ポートの優先順位」と呼ばれることもあります) を変更してください。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「ネットワーク」をクリックします。
  2. 「ネットワーク環境」メニューを使い、変更したいネットワーク環境を選択します。
  3. サービスのリストの下にある アクションメニュー をクリックし、「サービスの順序を設定」を選択します。
  4. リストの中でサービスをドラッグして、並び順を変更します。Mac はリストの一番上にあるサービスにまず接続しようとし、接続できるまで、降順で 1 つずつサービスを試していきます。
    仮想プライベートネットワーク (VPN) 接続は、ほかの接続形態よりも常に優先されるので、順序を変更できません。
  5. 「OK」をクリックしてから「適用」をクリックし、変更後のサービスの順序を有効にします。


ネットワークサービスが使われないようにする方法

デフォルトでは、「自動」という名前のネットワーク環境では、利用できるネットワークサービス (「ポート」や「ネットワークインターフェイス」と呼ばれることもあります) がすべて、ネットワークへの接続に実際に使われているかどうかに関係なく有効になります。Mac はネットワークやインターネットに接続する際に、これらのサービスを自動的に検索します。たとえば、自宅では Wi-Fi ネットワークを使い、職場では Ethernet ネットワークを使っている場合、Mac は接続時にどちらのネットワークサービスを使うべきか自動判定してくれます。

Mac で Wi-Fi など、特定のネットワークサービスを使わないようにしたい場合、ネットワーク環境でそのサービスを無効にすることができます。

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「ネットワーク」をクリックします。
  2. 「ネットワーク環境」メニューを使い、変更したいネットワーク環境を選択します。
  3. サービスのリストの下にある アクションメニュー をクリックし、「サービスを無効にする」を選択します。
  4. 「適用」をクリックします。 
公開日: