MacBook Pro:下部ケースのゴム足交換の在宅自己交換修理 (DIY) 手順

MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008) および MacBook Pro コンピュータの下部ケースのゴム足がなくなったり損傷したりした場合に、ゴム足とプラグを取り付けるための在宅自己交換修理プロセスについて説明します。

一般情報

MacBook Pro が Apple 限定保証や AppleCare Protection Plan の保証対象の場合は、無料で交換用のゴム足を入手できます。MacBook Pro が保証対象外の場合は料金がかかる場合があります。MacBook Pro Retina ディスプレイモデルは、ゴム足交換の在宅自己交換修理キットをご利用いただけません。

:製品を購入した国や地域、または本人の居住国や居住地域 (購入した国や地域とは異なる場合) の消費者保護の法令が適用される消費者について、Apple の 1 年限定保証または AppleCare Protection Plan が提供する利益はこれらの消費者保護の法令に基づくすべての権利および救済手段に加えて付与されます。これにはこれらの付加的権利が含まれますが、これらに限られるものではありません。

交換用の下部ケースのゴム足は、以下の 3 つのいずれかの方法で受け取ることができます。

お持ち込み

  1. Apple Store 直営店にお持ち込みいただく。この場合はあらかじめ Genius Bar の予約が必要です。
  2. Apple 正規サービスプロバイダにお持ち込みいただく。お近くのサービスプロバイダは、こちらでお調べください。

セルフサービス

  1. 下部ケースのゴム足交換の在宅自己交換修理キットを注文する。ご注文をご希望の場合は Apple までご連絡ください。

 

ゴム足交換の在宅自己交換修理手順

:ゴム足交換キットは、ゴム足がなくなっている場合にのみ使います。ゴム足がしっかりと付いている場合は交換しないでください。ゴム足を無理にはがそうとすると下部ケースが損傷することがあります。

修理に必要なツール

  • プラスドライバー (00 番)
  • ピンセット
  • クリップまたは安全ピン

この作業には手袋は必要ありません。

準備

作業を始める前に、ゴム足の交換が必要な箇所を調べ、キット内のケース用プラグとケース用ゴム足を下図と見比べて確認します。

下部ケースのゴム足取り付け部分 適合する部品

下部ケースの外側

外側のゴム足

下部ケースの内側

内側のプラグ

内側のプラグ用カバー

 

手順

警告以下の手順で使う接着剤は皮膚に瞬間接着する場合があるため、接着剤には触れないようにご注意ください。触れてしまった場合は、この記事の最後の「安全上の注意」をお読みください。詳しくは、下記の接着剤メーカーにお問い合わせください。

Loctite
Rocky Hill, CT. 06067
www.loctite.com

:ゴム足交換キットに入っている接着剤以外のものを使わないでください。ほかの種類の接着剤が気化した成分によって、内部コンポーネントに問題が生じる場合があります。

 


 

  1. 表面を傷つけない平面 (清潔で糸くずの出ない柔らかい布など) の上に、コンピュータの上部を下にして置きます。下部ケースを取り外します。
  2. プラスドライバー (00 番) を使って 10 本のネジを取り外し、下部ケースを取り外します。重要:側面と前面にあるネジは、ドライバーを少し傾けながら取り外し/取り付けてください。

     

     

  3. ディスプレイのヒンジがあるほうから下部ケースをゆっくりと引っぱり、斜め上に持ち上げます。
  4. 下部ケースのゴム足取り付け部分に汚れやホコリが付いていないか確認します。ゴム足の接着剤が残っている場合はピンセットではがしてください。
  5. 下部ケース両側のゴム足取り付け部分周辺を清掃します。アルコールが完全に蒸発するまでお待ちください。
  6. 外側のゴム足をキットからはがし、下部ケースにしっかりと貼り付けます。外側のゴム足を下部ケースに貼り付けるときは接着剤を使いません。ゴム足の裏側の接着面には触れないようにしてください。
  7. クリップまたは安全ピンで接着剤のノズルに穴を開けます。保管後の接着剤のノズルを開けるときもクリップまたは安全ピンを使います。下部ケースの内側からゴム足の裏面に接着剤を小さく 1 滴垂らします。接着剤は広げないでください。 

  8. 接着剤を付けた箇所にプラグをはめ込みます。
  9. プラグは指で押さないでください。綿棒の柄の部分を使ってプラグを所定の位置に押し付け、そのまま 30 秒間押し続けます。
  10. 乾いた綿棒で余分な接着剤を除去します。重要:余分な接着剤を拭き取るのではなく、綿棒に吸い取らせるようにします。余分な接着剤を吸い取っておかないと乾くまでに数時間かかり、下部ケースがロジックボードや内部のケーブルに接着してしまうことがあります。
  11. タイマーを使い、接着剤が固まるまで 60 分以上待ってから、プラグの上にプラグ用カバーを付けます。重要:ゴム足取り付け部分の近くにレーザー刻印がある場合は、プラグ用カバーを使わないようにしてください。レーザー刻印は、通常、左側後部のゴム足取り付け部分付近にあります。
  12. 組立て直す際の注意:ネジの取り付けは下記の順番で行ってください。この順番で取り付けないと、下部ケースを平面に置いたときにぐらつく場合があります。

 

関連情報

安全上の注意:接着剤は目や皮膚に付着すると炎症の原因となります。接着剤は皮膚に瞬間接着します。

接着剤はエチルシアノアクリレートを含有しています。接着剤が目や皮膚に付着しないようにご注意ください。目や口に入った場合は、まぶたや口を開けたまま流水で 15 分程度念入りに洗い、医師の診察を受けてください。液体の接着剤が目に入ると一時的に刺すような刺激があります。接着剤が固まると、目に砂粒が入ったような刺激があります。眼科医の診察を受けてください。

接着剤で皮膚同士がくっついた場合は、アセトンベースの除光液または温かい石鹸水に浸し、慎重にはがすか揉みほぐすようにして皮膚同士を離します。無理に引きはがさないでください。接着剤が衣類にしみ込んだときは、やけどすることがあります。衣類に付いた場合は冷水で洗い流してください。気化した接着剤を長時間吸い込まないでください。適度に換気してください。接着剤はお子様の手の届かないところに保管してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: