Time Machine バックアップから macOS Server を復元する

ローカルの Time Machine バックアップから macOS Server を復元する方法をご説明します。

macOS Server では、サービスのデータを起動ボリューム以外のボリュームに保存できます。Time Machine バックアップから復元する手順は、起動 (ブート) ボリュームまたはそれ以外のボリュームのどちらにデータが保存されているかによって異なります。

 復元は、ローカルの Time Machine バックアップから行います。ネットワークベースの Time Machine バックアップから復元しようとすると、一部の設定が正しく復元されません。

サービスデータが起動ボリュームに保存されている場合、または起動ボリュームのみを復元する場合

  1. Time Machine バックアップドライブが接続されていることを確認します。
  2. macOS 復元を使ってサーバを起動します。内蔵の復元用 HD、インターネット復元、Time Machine バックアップの復元パーティションを使えます。
  3. 「Time Machine バックアップから復元」を選択し、画面に表示される手順に従って、ボリュームを復元します。

復元前にメールサービスを使っていた場合は、Server App でメールサービスをオフに切り替えてから、オンに戻してください。 

サービスデータが起動ボリューム以外のボリュームに保存されている場合、または起動ボリュームと起動ボリューム以外のボリュームの両方を復元する場合

以下の手順は、Lion Server v10.7.3 以降 (macOS Server を含む) で、起動ボリューム以外のボリュームを復元する場合、または起動ボリュームとそれ以外のボリュームの両方を復元する場合に実行してください。

  1. Time Machine バックアップドライブが接続されていることを確認します。
  2. macOS 復元を使ってサーバを起動します。内蔵の復元用 HD、インターネット復元、Time Machine バックアップの復元パーティションを使えます。
  3. ディスクユーティリティを開いて、「続ける」をクリックします。
  4. Time Machine ドライブが暗号化されていない場合は、手順 7 に進みます。
  5. Time Machine ボリュームを「control」キーを押しながらクリックするか右クリックして、「暗号解除」を選択します。
  6. ボリュームのパスワードを入力し、「OK」をクリックします。
  7. 新しいサービスデータボリュームを作成して、以前のデータを保存するのに十分な容量があることを確認し (またはすでに作成されている場合は容量を確認し)、以前のサービスデータボリュームと同じ名前を付けます。たとえば、容量が 500 GB の「DataHD」という名前のボリュームにサービスデータを保存してあった場合は、新しいボリュームにも同じ「DataHD」という名前を付け、容量が 500 GB 以上あることを確認します。
  8. ディスクユーティリティを終了します。
  9. 「ユーティリティ」メニューの「ターミナル」を選択します。
  10. 次のコマンドを 1 行で入力します。Time Machine Backup Disk はお使いの Time Machine バックアップディスク名、servername はサーバ名、Startup Volume Name は古い起動ボリューム名に置き換えてください。
    cd /Volumes/Time Machine Backup Disk/Backups.backupdb/servername/Latest/Startup Volume Name/
    
  11. 次のコマンドを 1 行で入力します。Service Data Volume は、元の (今後使う) サービスデータボリュームの名前に置き換えてください。
    ./usr/bin/tmutil restore -v ../Service Data Volume/* /Volumes/Service Data Volume
    
  12. ターミナルを終了します。
  13. 起動ボリュームも復元する必要がある場合は、「Time Machine バックアップから復元」を選択し、画面に表示される手順に従います。

関連情報

Time Machine は、macOS Server のネイティブのバックアップサービスです。macOS Server には、Time Machine と連携する ServerBackup というプロセスもあります。ServerBackup は、Open Directory (有効になっている場合) のバックアップを毎日実行し、Server の Time Machine バックアップに保存します。ServerBackup は、サーバサービスの復元、サーバ復元後の初回起動時の動作、サーバ起動後のサーバサービスとデータベースの復元にも関与します。

公開日: