Aperture:Photoshop を使うときのヒント

Aperture には Adobe Photoshop など外部エディタで写真を編集できる機能があります。Aperture で調整した内容と Photoshop で編集した内容が、これらのアプリケーション間で画像をやりとりしたときにどのように処理されるかについて説明します。

Aperture と Photoshop で作業する場合、一方のアプリケーションで画像に加えた変更がもう一方のアプリケーションで表示するときにどのように影響するかを理解しておくと便利です。一般的なワークフローの例を挙げて説明します。

下の画像は Aperture と Photoshop を使って編集する画像の例です。

Aperture で画像の傾きを補正する、空の青色を調整する、バイブランスを追加するなどの調整をします。

Photoshop でこの画像を編集する前に、「Aperture」>「設定」>「書き出し」で書き出しの設定を確認します。「外部の写真エディタ」として Photoshop を選択します。この例では、「外部エディタのファイルフォーマット」も「PSD (8 ビット)」に設定されています。

Aperture バージョンの画像を Photoshop で編集するには、「写真」>「Adobe Photoshop で編集」を選択します。

Photoshop に画像が送られる前に Aperture で新しいマスターが作成されます。このマスターは、Aperture でこれまで加えたすべての調整内容を画像にレンダリングします。Aperture の設定に応じて、新しいマスターは PSD または TIFF で保存されます。この画像が Photoshop で開かれると、Aperture での調整内容は、画像にレンダリングされているため、すべて表示されます。

Photoshop で画像を編集します。画像でピクセルを編集したり、新しいレイヤーを追加するなどの編集をします。画像を保存するとき、変更内容は直接マスターに書き込まれます。Photoshop で PSD を保存するときは「互換性を優先」オプションを必ず選択してください。

Aperture に戻ると、マスターが更新されていることが検出され、変更内容を反映するために新しいサムネールとプレビューが作成されます。下に表示されているスタックでは、左が Aperture で調整した画像で、右が Photoshop から戻ってきた更新されたマスターです。

ここで、Aperture で調整を画像に追加します。この例ではビネットが追加されました。

これで、画像を Photoshop に送ってさらに編集します。Photoshop でこの画像を再び開くと、最初の変更の後に Aperture で加えた調整内容は Photoshop で表示されません。これは、Aperture では外部マスターが最初に作成された後で画像を再びフラットにしたりレンダリングしたりしないためです。このように Photoshop のレイヤーが維持されるため、ワークフローの中でいつでも Photoshop に戻ってレイヤーの作業ができます。下の画像では、Photoshop でテキストのフォントが変更されました。

Photoshop で画像を編集した後また Aperture に戻ると、現在のマスターの状態を反映してサムネールとプレビューが更新されており、すべての Aperture での調整内容が表示されます。

Photoshop に画像を送る前に Aperture で調整を加えておくと便利なこともあります。たとえば、Photoshop でテキストを追加したい場合、Photoshop に最初に送る前に Aperture で傾き補正をしておきます。後で傾き補正を加えた場合はテキストにも影響するためです。基本的に、Photoshop で行いたい編集ができるように Aperture で調整しておくべき内容は、最初に Photoshop に送る前に行います。 

必要に応じて、「写真」>「コピーを Adobe Photoshop で編集」を選択するときに「option」キーを押したままにすると、すべての編集内容がレンダリングされている新しいマスターを作成できます。この場合、Aperture は画像をフラットにするので Photoshop の個別のレイヤーにアクセスできなくなることに留意してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: