iBooks Author でブックにビデオまたはオーディオを追加する

iBooks Author でビデオおよびオーディオを使う方法、対応しているフォーマット、およびビデオ暗号化について説明します。

メディアウィジェットでオーディオおよびビデオを使う

ブックにメディアウィジェットとしてオーディオまたはビデオを追加するには、次の 2 つの方法があります。

  • メディアブラウザまたは Finder からブックにビデオをドラッグします。
  • ツールバーの「ウィジェット」からメディアウィジェットを追加し、お好みのメディアをウィジェットにドラッグします。

iBooks Author 2.0 以降では、QuickTime でサポートされているオーディオファイルやビデオファイル (DRM 暗号化で保護されたファイルは除く) を読み込むことができます。iBooks Author は、さまざまなデバイスで快適に扱えるようにメディアファイルを最適化してくれます。すでに十分に圧縮されているファイルは、あらためて最適化されることはありません。

有料のブックアカウントをお持ちで、ブックに DRM 保護を適用する場合、メディアウィジェットおよび Keynote ウィジェットのビデオとオーディオは、ブックが iBooks Store で出版された時点で DRM 付きになります。

Keynote ウィジェットでオーディオおよびビデオを使う

Keynote ウィジェットでオーディオとビデオを使う場合、iBooks Author では、Keynote プレゼンテーションの中のオーディオファイルとビデオファイルは、ブックやメディアウィジェットに直接ドラッグされた場合と同様に扱われます。

ブックに DRM 保護を適用する場合、メディアウィジェットおよび Keynote ウィジェットのビデオとオーディオは、ブックが iBooks Store で出版された時点で DRM 付きになります。

HTML ウィジェットにオーディオおよびビデオを使う

iBooks Author では、HTML ウィジェットのビデオファイルやオーディオファイルは最適化されません。HTML ウィジェット用のビデオとオーディオは手動で準備する必要があります。

  • ビデオの場合は、次のいずれかのフォーマットを mp4 ファイルで使う必要があります。
    • H.264 ビデオ:最大 720 ピクセル、毎秒 60 フレーム、ハイプロファイルレベル 4.2 (最高 160 Kbps の AAC-LC)、48 kHz、ステレオオーディオ。720p の HD 画質オプションを使って iMovie 10 からファイルに共有されたビデオでは、このような設定が使われます。
    • MPEG-4 ビデオ:最高 2.5 Mbps、640 x 480ピクセル、毎秒 30 フレーム、シンプルプロファイル (最高 160 Kbps の AAC-LC オーディオ)、48 kHz、ステレオオーディオ。
  • オーディオの場合は、ファイルの拡張子が .m4a の AAC (8 〜 320 Kbps、48 kHz のステレオ) を使う必要があります。
  • ファイルの拡張子が .m4v または .m4p のメディアは使えません。

HTML ウィジェットのビデオとオーディオは DRM で保護されません。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: