統合フォトライブラリの使い方

統合フォトライブラリの使い方について説明します。

iPhoto と Aperture での統合フォトライブラリの使い方

iPhoto 9.3 では、Aperture 3.3 以降のライブラリを直接開いたり、直接作業を行うことができます。この 2 つのアプリケーション間で統合ライブラリの形式が共有されたことには、次の多くの利点があります。

  • この 2 つのアプリケーションの間で写真を移動するときに、読み込みや書き出し、再処理の操作が不要です。
  • 「人々」や「撮影地」の機能、作成済みのアルバムやスマートアルバム、Facebook や Flickr で共有している写真は、両方の App でそのまま利用できます。
  • 一方の App で作成したスライドショーは、もう一方の App でも再生できます。
  • iPhoto と Aperture で共通の画像処理システムを使うようになったため、Aperture でツールを使って画像を調整すると、iPhoto で同じライブラリを開いたときに変更された画像を見ることができます。その逆も同様です。
  • Aperture のツールをまだ使い慣れていない場合は、iPhoto でフォトライブラリを保持し、ブラシを使った修正などのレタッチ処理を試す場合のみ Aperture を開くことができます。すべての編集は非破壊処理されるので、いつでも取り除くことができます。
  • 何年もかけて収集した複数の iPhoto ライブラリがある場合は、Aperture で開いて統合マスターライブラリにまとめることができます。その後は、iPhoto で統合ライブラリにアクセスできます。詳細については、こちらの記事を参照してください。

iPhoto で Aperture ライブラリを開く

iPhoto では、Aperture 3.3 で作成またはアップグレードされた Aperture ライブラリを開くことができます。旧バージョンの Aperture を iPhoto で開けるようにするには、Aperture 3.3 で開いてアップグレードする必要があります。iPhoto と Aperture で同じライブラリを同時に開くことはできません。

iPhoto で Aperture のライブラリを開くには、以下の手順を実行します。

  1. iPhoto のメインメニューから「ファイル」>「ライブラリに切り替える」を選択します。
  2. 目的の Aperture ライブラリを選択します。
  3. ライブラリセレクタで「選択」ボタンをクリックします。

Aperture で iPhoto ライブラリを開く

Aperture 3.3 以降では、iPhoto 9.3 以降で作成されたか、少なくとも一度は開かれた iPhoto ライブラリを開くことができます。

Aperture で iPhoto ライブラリを開く方法:

  1. Aperture のメインメニューで「ファイル」>「ライブラリに切り替える」>「その他/新規」を選択します。
  2. ライブラリセレクタで、目的の iPhoto ライブラリを見つけて選択します。
  3. ライブラリセレクタで「選択」をクリックします。

iPhoto と Aperture で統合ライブラリの作業を行う場合の注意

イベント、プロジェクト、およびアルバム

iPhoto のイベントは、Aperture ではプロジェクトと呼ばれています。

    

同様に、Aperture のプロジェクトは、iPhoto ではイベントと呼ばれています。

    

どちらのアプリケーションからでもスマートアルバムを表示したり使うことができますが、スマートアルバムの設定を編集する場合は、そのアルバムを作成したアプリケーションで行う必要があります。

人々

iPhoto では、Aperture ライブラリの設定にかかわらず、常に顔の検出が行われます。Aperture では、ライブラリごとの設定で「人々」の機能をオフにすることができます。Aperture で再度ライブラリを開いた場合、その設定は保持されています。

プリントプロジェクト

iPhoto で作成したブック、カレンダー、カードは、Aperture のソースリストで表示できますが、編集はできません。Aperture で作成したブック、Web ページ、Web ジャーナルは、iPhoto では表示できません。

スライドショー

Aperture で作成したスライドショーは、iPhoto で再生できますが、編集はできません。

iPhoto で作成したスライドショーは Aperture で編集できますが、Aperture で一度編集したスライドショーを、iPhoto で再度編集することはできません。ただし、どちらのアプリケーションで編集したかに関係なく、スライドショーは両方のアプリケーションで正しく再生されます。

フォトストリーム

iPhoto でフォトストリームを有効にしているライブラリを Aperture で開くと、そのライブラリは引き続きフォトストリームにリンクします。フォトストリームには、一度に 1 つのライブラリのみをリンクできます。このため、その後に別のライブラリを開いてフォトストリームを有効にすると、以前のライブラリのリンクは無効になります。

写真の閲覧

Aperture ブラウザのフィルタクエリは、iPhoto には表示されません。iPhoto では、すべての画像が表示されます。

iPhoto で「写真を非表示にする」コマンドを使って隠された写真には、Aperture からはアクセスできません。iPhoto でライブラリを開き、隠していた写真を表示してから、Aperture で再度ライブラリを開くと、非表示になっていた写真にアクセスできるようになります。

Aperture で「不採用」とされた写真には、iPhoto からはアクセスできません。その後、Aperture でその写真のレートを上げると、iPhoto からアクセスできるようになります。

Aperture ライブラリの PDF ファイルは、iPhoto で表示またはアクセスできません。

Aperture ライブラリのオーディオファイルとオーディオ添付ファイルは、iPhoto で表示またはアクセスできません。

スタック

iPhoto では、Aperture スタックのピックイメージのみを表示できます。たとえば、Aperture で 1 つの写真に異なる調整を行い、スタックされた複数のバージョンを作成した場合、iPhoto でそのライブラリを開くと、スタックのピックイメージとして選択したイメージのみが表示されます。Aperture に戻ると、スタック全体に再度アクセスできます。

プレビュー

iPhoto では、常にフルサイズのプレビューが作成されます。Aperture では、さまざまなオプションを使ってプレビューのサイズを設定したり、プレビューをまったく使わないように設定できます。iPhoto で Aperture ライブラリを開く場合は、iPhoto で画像を編集しない限り、既存のプレビューは変更されません。その後、iPhoto がその画像のフルサイズのプレビューを作成します。

iLife メディアブラウザ

iLife メディアブラウザを使って、Keynote や iMovie などのその他のアプリケーションからライブラリにアクセスした場合、表示されるアイコンは、そのライブラリを作成したアプリケーションのアイコンになります。

関連情報

iPhoto で Aperture コンテンツを使う方法の詳細については、次の記事を参照してください。

Aperture 3.3 - iPhoto ライブラリを使うときのヒント

Aperture で利用できるが iPhoto では利用できないファイル

iPhoto での AVCHD ビデオの使い方

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: