iOS 5:位置情報サービスについて

iOS 5 デバイス (iPhone、iPad、および iPod touch) が現在位置を決定するために利用できる、いくつかの位置情報サービスについて説明します 

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

位置情報サービスを使ってマップなどの App で現在位置を確認する方法について詳しくは、製品のユーザガイドを参照してください。

位置情報サービスは、位置情報を利用する App (マップ、カメラ、Safari、その他の Apple 社製または他社製 App) と Web サイトで、モバイルデータ通信、Wi-Fi1、および全地球測位システム (GPS)2 の各ネットワークからの情報を利用して、大まかな現在位置を決定します。

たとえば、App がお客様の位置データと位置検索クエリを使って近くにある喫茶店や映画館を探したり、デバイスが現在の位置に基づいてデバイスの時間帯を自動的に設定したりします。このような機能を使う前に、必ずデバイスの位置情報サービスを有効にし、それぞれの App や Web サイトが位置情報データを利用できる許可を与える必要があります。

注意:安全目的のために、位置情報サービスを有効にしているかどうかにかかわらず、救助に役立つように緊急電話で iPhone の位置情報が使用される場合があります。

位置情報の精度について

ご利用のデバイスと利用できるサービスによって、位置情報サービスはモバイルデータ通信、Wi-Fi、および GPS からの情報を組み合わせて利用し、現在位置を決定します。GPS 通信衛星の視界内に入らない場合、デバイスはクラウドベースの Wi-Fi3 とモバイル基地局の位置を使ってユーザの位置を検出します。

画面上に位置が表示される「マップ」などの App では、おおよその現在地が青いマーカーで示されます。現在地を正確に測位できない場合は、マーカーの周りに青い円も表示されます。円のサイズはユーザの現在地がどれだけ正確に特定できたかによって異なります。つまり、円が小さいほど正確であるということになります。

地図上の青い円

注意:位置情報サービスがオンのときは、紫色または白色の矢印アイコンがステータスバーに表示されます。

地図、経路、および位置情報の App は、データサービスを利用しています。このようなデータサービスは随時変更される可能性があり、地域によっては利用できない場合があります。そのため、地図、経路、位置情報が利用できない場合や、情報が精度を欠いたり不足したりする可能性があります。デバイスで提示される情報と周囲の状況を見比べて、違いがある場合は標識に従ってください。

関連情報

  • iOS 4 の位置情報サービスについては、こちらの記事を参照してください。
  • iOS 6 の位置情報サービスについては、こちらの記事 を参照してください。
  • iOS 7 の位置情報サービスについては、こちらの記事 を参照してください。
  • 位置情報サービスを使ってマップなどの App で現在位置を確認する方法について詳しくは、製品の ユーザガイド を参照してください。

位置情報サービスのオン/オフを切り替える

位置情報サービスは、「設定」>「位置情報サービス」でオン/オフを切り替えられます。位置情報サービスは「設定アシスタント」のプロセスでオンにすることもできますが、後で位置情報サービスの設定の際にもオンにできます。この機能が必要ない場合、またはバッテリーを節約する場合はオフにすることができます。どの App やシステムサービスから位置情報サービスデータにアクセスできるようにするかも、個別に管理できます。

位置情報サービス システムサービス
設定>位置情報サービス 設定>位置情報サービス>システムサービス

位置情報の警告をリセットする

位置情報の警告とは、App (カメラ、コンパス、マップなど、および位置情報を利用する他社製の App) で位置情報サービスを利用するときに、それらの App から出されるリクエストのことです。はじめて位置情報サービスデータにアクセスする必要が出てきたときに、位置情報の警告が App に表示されます。「OK」をタップすると、必要に応じて App で位置情報サービスを利用できるよう許可が与えられます。「許可しない」をタップすると、それ以降 App が位置情報サービスデータにアクセスできなくなります。

位置情報の警告

位置情報サービスはいつでも無効にできます。その場合は、「設定」>「位置情報サービス」とタップし、位置情報サービススライダを使ってすべての位置情報サービスをオフにします。デバイス上で、各項目または位置情報対応 App ごとにスライダをオフにすることもできます。すべての Web サイトに対して位置情報サービスをオフにするには、Safari App の位置情報スイッチをオフにします。「システムサービス」をタップし、デバイス上の位置情報に基づくシステムサービスごとのスイッチをオフにすることで、デバイス上の位置情報に基づくシステムサービスを無効にすることもできます。

位置情報サービスをオフにした場合は、次回 App でこの機能を利用しようとするときに、もう一度オンにすることを求められます。

GPS の精度の向上2

GPS の精度は、可視 GPS 通信衛星の数によって異なります。すべての可視通信衛星を数分かけて順次捕捉するため、それに伴い、精度は徐々に上がっていきます。GPS の精度をさらに上げるには、次のようにします。

  • デバイスに設定されている日付、時刻、および時間帯が正しいこと確認します。確認するには、「設定」>「一般」>「日付と時刻」とタップします。可能であれば「自動設定」を利用してください。
    重要:コンピュータ上の誤った設定は、デバイスにも同期されます。デバイスと同期しているすべてのコンピュータの日付、時刻、および時間帯が正しいことを確認してください。
  • Wi-Fi が有効になっており、モバイルデータ通信または Wi-Fi ネットワークで接続されていることを確認してください。いずれかのネットワークに接続されていれば、デバイス上の Assisted GPS (A-GPS) を利用して可視 GPS 通信衛星を迅速に捕捉でき、Wi-Fi またはモバイルデータ通信ネットワークを使って初期の位置情報を取得できます。注意:位置情報サービスではマイクロセル (またはフェムトセル) はサポートされていません。
  • 複数の方角で良好な視界を確保します。壁、車の屋根、高い建物、山などの障害物により GPS 通信衛星の視界が遮られている場合があります。このような場合は、GPS 通信衛星が再び可視となるまで、デバイスは自動的にモバイルデータ通信または Wi-Fi ネットワークを利用して、位置を特定します。

Wi-Fi と基地局の位置情報のクラウドソーシングデータベース

「位置情報サービス」がオンの場合、デバイスは、公衆 Wi-Fi アクセスポイントとモバイル通信網の基地局の位置情報のクラウドソースデータベースを補強するために、近くの公衆 Wi-Fi アクセスポイントとモバイル通信網の基地局のジオタグ付きの位置情報を、匿名の暗号化された形式で Apple に送信します。さらに、物理的に移動 (車で旅行など) しているときに「位置情報サービス」がオンになっている場合、GSP が有効になっている iOS デバイスは、クラウドソースの道路交通情報データベースを構築するため、GPS の位置情報と走行速度の情報も、匿名で暗号化された形式で Apple に定期的に送信します。Apple が収集するクラウドソースの位置情報データは、個人を特定しない形式で収集されます。

プライバシー

他社の App や Web サイトが現在の位置情報を使用することを許可する場合、それぞれの条件、プライバシーポリシー、および運用に従うことになります。App や Web サイトの条件、プライバシーポリシー、および運用を確認して、位置情報などの情報がどのように使用されるかを理解してください。Apple が収集する情報は、Apple のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。

注意

  1. モバイルデータ通信ができない iOS デバイスは、位置情報サービスに Wi-Fi のみ (Wi-Fi ネットワークが利用可能な場合) を利用します。
  2. GPS は iPhone および iPad Wi-Fi + 3G モデルで利用できます。
  3. 中国で販売されている iOS デバイスでは、Wi-Fi の代わりにワイヤレス LAN (WLAN) という言葉が使われている場合があります。中国の iPhone モデルがすべて WLAN に対応しているわけではありません

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: