iCloud におけるメールボックスの容量とメッセージの送信制限

iCloud メールアカウントのメールボックスの容量とメッセージの送信制限について説明します。iCloud メールは個人利用を想定しているため、メッセージの送信について多少の制約が設けられています。

ストレージの容量

iCloud にサインアップすると、自動的に 5 GB の無料ストレージが使えるようになります。このストレージを、バックアップ、メール、iCloud 写真iCloud Drive などで分け合って使う形になります。iCloud の容量が足りなくなったら、ストレージをアップグレードできます。

メッセージの送信制限

iCloud のメンバーだけが iCloud を使ってメッセージを送信できるようにするための諸対策の 1 つとして、 以下のような制限を設けています。

  • 1 日に送信できるメッセージの数 ... 1,000 件まで
  • 1 日に送信できる宛先 (受信者) の数 ... 1,000 人まで
  • 各メッセージの宛先 (受信者) の数 ... 500 人まで
  • 発着信メッセージの容量 ... 20 MB、Mail Drop を使用する場合は最大 5 GB

iCloud メールサービスは、基本的に個人利用を想定しています。iCloud メールサーバを使って、迷惑メールを大量送信することは禁じられています。iCloud の利用規約と利用規定については、こちらでご確認ください。

メッセージの送信制限を超えると、iCloud メールを閲覧しているデバイスに応じて、以下の警告メッセージが表示されます。

  • iPhone、iPad、iPod touch:「コピーを送信ボックスに入れました。送信可能な上限を超えたため、メッセージの送信に失敗しました」
  • Mac:「iCloud を使ってメッセージを送信できません」
  • iCloud Web メール:「メッセージを送信できません。メッセージの件数が、1 日あたりに送信できる合計件数を超えました」(または「メッセージの宛先の人数が、1 日あたりに送信できる合計人数を超えました」)。または、 「受信者数が上限を超えています。受信者が多すぎるため、このメッセージは送信できません」

メッセージの送信制限を超えることが多い場合は、以下の手順で対処してください。

  • メールの送信ボックスに未送信のメッセージが残っていないか確認します。未送信のメッセージは再送または削除します。
  • iCloud メールアカウントを使ってメッセージを自動送信しているネットワーク監視ソフトウェアがないか確認します (セキュリティ上の問題が検出されたときに警告を送信するよう設定されているファイアウォールまたはインターネットセキュリティソフトウェアなど)。
  • メッセージをグループに送信する場合は、グループのすべてのメールアドレスが正しいか確認します (たとえば、すべてのメールアドレスのスペルが正しいか確認します)。
公開日: