OS X:復元ディスクアシスタントについて

復元ディスクアシスタントを使えば、内蔵の復元システムと同じ機能を持つ復元システムを外付けハードディスク上に作成できます。

復元ディスクアシスタントは、OS X Lion または OS X Mountain Lion を搭載した Mac 向けに提供される機能です。

復元ディスクアシスタントでは、外付けドライブ上に復元システムを作成できます。これを使って、OS X の再インストール、ディスクユーティリティを使ったディスクの修復、Time Machine バックアップからの復元、Safari による Web のブラウズが可能です。このドライブは、内蔵の復元システムでコンピュータを起動できなくなった場合、または OS X がインストールされていない新しいハードドライブに交換した場合に使うことができます。

システム条件

  • 起動ボリュームに既存の復元システムがある OS X Lion または Mountain Lion 搭載の Mac
  • 1 GB 以上の空き容量のある外付け USB ハードドライブまたは USB サムドライブ

新型の Mac をお使いの場合は、インターネット復元を使ってインターネットベースバージョンの復元システムから起動することができます。このユーティリティを使用するよりも便利な方法です。

OS X Mavericks または OS X Yosemite で、起動可能な OS X インストーラを作成することもできます。

復元ディスクアシスタントの使用方法

復元ディスクアシスタントは、復元ディスクを作成する際に選択した外付けドライブ上のすべてのデータを消去します。復元ディスクアシスタントを実行する前に、データをバックアップするか、外付けドライブ上に新しいパーティションを作成してください。

外付けディスクに新しいパーティションを作成する場合は、以下の手順にそってください。

  1. Launchpad の「ユーティリティ」フォルダにあるディスクユーティリティを起動します。
  2. パーティションを作成して復元システムをインストールするドライブを選択します。パーティションのサイズは 1 GB 以上必要です。
  3. 「オプション」をクリックし、「GUID パーティションテーブル」が選択されていることを確認します。
  4. パーティションのフォーマットは、「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」を選択します。
  5. 「適用」をクリックします。

復元ディスクアシスタントを開き、画面の指示に従って外付けドライブに復元システムを作成します。

復元ディスクアシスタントが完了すると、新しいパーティションは Finder にもディスクユーティリティにも表示されません。外付けの復元ディスクにアクセスするには、ドライブを接続し、「option」キーを押しながらコンピュータを起動します。Startup Manager で外付けドライブを選択します。

注意

  • OS X Lion、OS X Mountain Lion を搭載して出荷されたコンピュータで、このユーティリティを使用して外付けの復元ドライブを作成した場合、復元ドライブはこのコンピュータでしか使用できません。その他の Mac モデルでは、この復元ドライブから起動できない場合があります。
  • OS X Lion、または OS X Mountain Lion インストーラを App Store から購入してアップグレードしたシステムで外付け復元ドライブを作成した場合は、同じ方法でアップグレードしたほかのシステムでも復元ドライブを使うことができます。

関連情報

最終更新日: