OS X Lion v10.7.2 アップデートについて

OS X Lion をお使いのすべてのユーザに、10.7.2 アップデートを実行するようお勧めします。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを強化するオペレーティングシステムの全般的な修正が含まれています。また、このアップデートには、画期的な無料のクラウドサービスである iCloud への対応が含まれています。これを使用すると、ユーザのコンテンツが自動的にワイヤレスで iCloud に保存され、ユーザのすべてのデバイスにプッシュされます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

OS X Lion の iCloud には、以下の機能が含まれています。

  • iCloud にメール、カレンダー、連絡先、Safari のブックマークとリーディングリストが保存され、これらがユーザのすべてのデバイスに自動的にプッシュされます。
  • 「どこでも My Mac」機能を使用して、インターネット経由でどこからでも別の Mac で自分の Mac にリモートアクセスできます。
  • 「Mac を探す」機能を使用して紛失した Mac を地図上で探し、Mac のロックやデータの消去をリモートで実行できます。

iCloud を始めるのは簡単です。アップデートをインストールすると、iCloud 設定パネルが自動的に表示されます。既存の Apple ID を入力するか新しい ID を作成して、画面の指示に従います。iCloud の詳細については、http://www.apple.com/jp/icloud/ を参照してください。

システムのアップデート

インストールする前にシステムをバックアップする必要がありますが、それには Time Machine を使うことができます。

システムのアップデートを開始したら、途中でインストールを中断しないようにしてください。システムに変更を加えるような他社製のソフトウェアがインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムが変更されている場合は、予期しない結果が起こることがあります。

Apple()メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択すると、インターネット経由でこのアップデートを含む最新の Apple ソフトウェアを自動的に確認します。

お使いのコンピュータに対するソフトウェアアップデートがほかにもある場合は、すべてインストールしてください。ソフトウェア・アップデートを使ってインストールする場合、アップデートのサイズはお使いのコンピュータによって異なる場合があります。また、アップデートの中には、ほかのアップデートよりも先にインストールする必要があるものがあります。このため、ソフトウェア・アップデートは「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されるまで実行してください。

アップデートインストーラは、手動でダウンロードできます。これは、アップデートを一度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。これらの単体インストーラは、Apple サポートのダウンロードページから入手できます。

関連情報

アップデートの内容

OS X Lion v10.7.2 アップデートには Safari 5.1.1 のほか、以下の機能が含まれています。

  • Mission Control でのデスクトップ領域、およびフルスクリーン App の並べ替えが可能です。
  • デスクトップ領域とフルスクリーン App の間でファイルをドラッグできます。
  • フルスクリーン App にメニューバーが表示されなくなる問題を解消しました。
  • アドレスブックでの Google 連絡先との同期の互換性を改善しました。
  • Keynote が一時的に応答しなくなる問題を解消しました。
  • Launchpad と VoiceOver の互換性を改善しました。
  • スリープ状態から回復した後、ネットワークへのアクセスが遅延する問題を解消しました。
  • ローカルに接続された Time Machine バックアップドライブから Lion 復元を起動できるようになりました。
  • 画面のズームが機能しなくなる問題を解消しました。
  • Active Directory と LDAP の統合を改善しました。
  • Mail で、MobileMe メールアカウントでの送信が行えない場合がある問題を解消しました。
  • Mail の検索時の問題を解消しました。
  • iChat で、すでに保存されているアカウントのパスワードの入力を求められる問題を解消しました。
  • このアップデートでは、RAW イメージの互換性がある デジタルカメラ も追加されました。
  • ディスクイメージ (.dmg) およびインストーラパッケージ (.pkg) ファイルは、「セーフ」ファイルタイプに含まれなくなりました。

Safari 5.1.1 の詳細については、こちらの記事 を参照してください。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、こちらの記事 を参照してください。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: