OS X Lion:オートセーブとバージョンについて

OS X Lion のオートセーブとバージョンをご紹介します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

オートセーブ:OS X Lion のオートセーブは、作業の手が止まったときにデータが保存される機能です。作業をずっと続けている場合は、5 分ごとに保存されます。保存はバックグラウンドで行われるので、保存に気を取られることなく作業を進められます。プログレスバーが作業を邪魔することもありません。

バージョン:バージョンは、書類を作成して変更を加えていくときに、履歴を自動的に記録する機能です。書類を開くと、そのたびに新しいバージョンが自動で作られます。作業中は、1 時間ごとにバージョンが作られます。いつでも好きなときに、書類のスナップショットを手動で作ることもできます。バージョンは、Time Machine と似たインターフェイスになっています。最新の書類の隣に、それまでのバージョンが 1 通り重ねて表示されるので、作業中の書類を以前のバージョンと見比べることができます。以前のバージョンを丸ごと復元することもできますし、以前のバージョンの一部分、たとえば画像やテキストなどを作業中の書類に取り入れることもできます。

オートセーブ

オートセーブに対応している App、たとえばプレビュー、iWork、テキストエディットでは、作業を進めていくときに、書類の変更内容を自動で保存できます。すべての変更がオートセーブによってバックグラウンドで保存されるので、操作を停止することも、プログレスバーにわずらわされることもなく作業を進められます。OS X Lion のオートセーブでは、変更した内容はファイルに直接追加されていきます。お使いの Mac にある書類は、いつも 1 つだけです。

この OS X Lion のオートセーブでは、作業の手が止まったときにデータが保存されます。作業をずっと続けている場合は、5 分ごとに保存されます。

タイトルバーをクリックすると、メニューが表示されます。

「ロック」:うっかり変更してしまわないように、いつでも書類をロックできます。最後の変更から 2 週間たつと、OS X Lion は書類を自動的にロックします。ヒント:書類を自動的にロックするまでの期間を設定できます。システム環境設定の「Time Machine」パネルで「オプション」ボタンをクリックして、「書類をロック」のポップアップメニューから期間を選択します。

ロックされたファイルに変更を加えようとすると、ファイルのロックを解除するか、またはファイルを複製するかを確認するメッセージが表示されます。

書類がロックされているときは、ウインドウタイトルの右に「– ロックあり」というグレイ表示のメッセージが表示されます。プロキシアイコンと Finder の書類アイコンの左下には、ロックのアイコンが表示されます。

書類のロックを解除するには、タイトルバーの「– ロックあり」をクリックして、「ロックを解除」を選択します。

「複製」:複製機能を使えば、複製された書類がオリジナルの書類の隣に配置されるので、オリジナルの書類をテンプレートにした新しいバージョンで作業をはじめることができます。

「最後に保存したバージョンに戻す」/「最後に開いたバージョンに戻す」:最近の変更を取りやめて、以前の状態に簡単に戻すことができます。変更した内容に満足できない場合は、「最後に保存したバージョンに戻す」または「最後に開いたバージョンに戻す」を選択して、確認ダイアログをクリックすると、書類の状態をそれぞれのバージョンまで戻すことができます。いつでもはじめからやり直せると知っていれば、いろいろなことを自由に試してみる余裕が生まれるでしょう。

「すべてのバージョンをブラウズ」:選択すると、バージョンブラウザが開いて書類が配置されます。詳しくは、下の「バージョン」のセクションを参照してください。

バージョン

書類を開くと、そのたびに最新のバージョンが自動で保存されます。また、作業中は 1 時間ごとに新しいバージョンが保存され、書類の作業履歴が作られていきます。

「ファイル」>「バージョンを保存」を選択するか、「command」キーを押しながら「S」キーを押すと (⌘ + S)、保存されている書類のバージョンをいつでも手動で作ることができます。

OS X Lion で保存されるのは、前のバージョンから変更された部分だけなので、ハードドライブのスペースを有効活用できます。OS X Lion が書類のバージョン履歴を管理し、1 日の中の 1 時間ごとのバージョン、1 カ月の中の日ごとのバージョン、過去の各月の週ごとのバージョンなどを保存します。

メール、iChat、AirDrop などを使って書類を共有するときは、最新のバージョンだけが送信されます。それ以外のバージョンは、お使いの Mac 上に残ります。

バージョンブラウザの要素

  1. 最新バージョン:書類の現在のバージョン。
  2. 履歴:書類の以前のバージョンが重ねて表示されます。ヒント:以前のバージョンの一部分、たとえば画像やテキストなどをコピーして、最新のバージョンにペーストすることができます。
  3. 「復元」ボタン:履歴 (2 番目の項目) の最前面にあるバージョンを復元して、最新の書類を置き換えます。
  4. タイムライン:書類の以前のバージョンを参照できるタイムラインです。日付をクリックすると、そのときの書類の様子が表示されます。
公開日: