IPv6 とは?

IPv6 について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

IPv6 は Internet Protocol Version 6 の略称です。IPv6 は、現在主流のインターネットプロトコルである IP Version 4 にかわるものとして設計された、次世代のインターネットプロトコルです。

インターネット上で通信するためには、コンピュータやその他のデバイスに送信者アドレスや受信者アドレスが必要です。これらの数値アドレスは、インターネットプロトコルアドレスとして知られています。インターネットとその利用者の急激な拡大に伴い、IP アドレスの需要も増大しています。

IPv6 規格は、インターネット技術の開発組織である Internet Engineering Task Force (IETF) によって開発されました。IETF は、IP アドレスの需要が増大することを予見し、インターネットにアクセスするユーザやデバイスが増え続ける状況に適応させるため IPv6 を作成しました。 

IPv6 では、従来よりも大きい数値を使って IP アドレスを作成することにより、より多くのユーザやデバイスがインターネット上で通信できるようします。IPv4 では、IP アドレスの長さは 32 ビットで、利用できる一意のアドレスは 43 億個です。IPv4 アドレスの例は、次のとおりです。

 

172.16.254.1

 

これに対し、IPv6 アドレスの長さは 128 ビットで、利用できる一意の IP アドレスは 340 兆×1 兆×1 兆個です。IPv6 アドレスの例は次のとおりです。

 

2001:db8:ffff:1:201:02ff:fe03:0405

 

IPv6 には、ほかにもネットワークでの利点があります。多くの場合、何も操作を行わなくても、コンピュータやアプリケーションで IPv6 対応のネットワークやサービスを検出して利用できます。また、IPv6 を利用することにより、IPv4 で利用できるアドレス数が限られているために発生する可能性のある、その他のネットワークの問題からも解放されます。たとえば、IPv6 ではネットワークアドレス変換の必要性が減少します。ネットワークアドレス変換は、複数のクライアントで 1 つの IP アドレスを共有できるようにするサービスですが、信頼性が低くなる場合があります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: