Mac OS X Snow Leopard のマルウェア検出

Mac OS X Snow Leopard のマルウェア検出について説明します。

「マルウェア」は、「malicious software (悪意のあるソフトウェア)」の略語です。マルウェアには、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、その他、システム上のソフトウェアに被害を与えたり、プライバシーを侵害したりする種類のソフトウェアが含まれます。マルウェアがお使いのシステムにインストールされる可能性があるのは、インターネット、メール、テキストメッセージ、または Web サイトを通じてコンテンツやアプリケーションをダウンロードしたときです。Mac OS X Snow Leopard は、既知のマルウェアをチェックして警告を出し、ユーザが誤ってマルウェアをシステムにインストールするのを防ぎます。

Safari、iChat、Mail などのアプリケーションを通じてダウンロードされたファイルは、ファイルを開くときに安全かどうかのチェックが実行されます。ファイルに既知のマルウェアが含まれていると確認された場合は、ゴミ箱に入れるように警告のダイアログが表示されます。ファイルの除去を完了するには、ゴミ箱を空にする必要があります。


Apple では、既知の悪意のあるソフトウェアのリストを維持更新しており、ダウンロードの安全性をチェックする際に、悪意のあるソフトウェアがファイルに混入していないかどうかの判定材料として使っています。このリストはコンピュータに保存されており、セキュリティアップデート 2011-003 がインストールされている場合は、バックグラウンドプロセスによって毎日アップデートされます。

このアップデートを受け取りたくない場合は、システム環境設定の「セキュリティ」パネルにある「安全なダウンロードリストを自動的にアップデート」のチェックを外します。このオプションは、セキュリティアップデート 2011-003 のインストール後に「セキュリティ」パネルに表示されるようになります。


 

セキュリティアップデート 2011-003 は、MacDefender マルウェアおよびその変種をチェックすることにより、セキュリティ保護を強化します。MacDefender マルウェアが見つかった場合は、マルウェアを停止させ、あらゆる永続ファイルを削除し、設定ファイルやログインファイルに加えられた変更を修正します。MacDefender が検出され除去されると、次回の管理者アカウントによるログイン時に、下記のメッセージが表示されます。

関連情報

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: