管理対象のクライアント:ログインウインドウに表示される「コンピュータ名」のスクリーンセーバメッセージをカスタマイズする方法

OS X v10.6 以降では、「コンピュータ名」のスクリーンセーバを使って、ログインウインドウにカスタムメッセージを表示できます。

次の手順に従って、ログインウインドウに表示されるように「コンピュータ名」のスクリーンセーバを管理して有効にします。 

ヒント:「/システム/ライブラリ/Screen Savers/」をブラウズすると、「FloatingMessage.saver」などほかのスクリーンセーバが表示される場合があります。このスクリーンセーバは、ログインウインドウで使用するように設計されていません。代わりに、「Computer Name.saver」を使ってください。

プロファイルマネージャを使用する

  1. プロファイルマネージャで管理対象の「デバイス」または「デバイスグループ」を選択します。
  2. 「設定」タブをクリックします。
  3. 「編集」ボタンをクリックしてプロファイルを編集します。
  4. 「OS X」セクションから「ログインウインドウ」のペイロードを選択します。
  5. このペイロードの設定を構成していない場合、「構成」ボタンをクリックします。
  6. 「オプション」タブをクリックします。
  7. 「スクリーンセーバを開始:時間」オプションの横のチェックボックスを有効にします。
  8. 「使用するスクリーンセーバモジュールのパス」の横のチェックボックスを有効にして、次のパスを入力します。

    /System/Library/Frameworks/ScreenSaver.framework/Resources/Computer Name.saver
     
  9. 「OK」をクリックして編集ビューを閉じます。
  10. 「保存」をクリックして変更内容を保存します。

「コンピュータ名」のスクリーンセーバで表示されるメッセージをカスタマイズするには、以下に示したターミナルコマンドをそのシステムで実行します。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.ScreenSaver.Basic MESSAGE "Math Lab"


「Math Lab」を、表示させたいカスタムメッセージに変更します。

「ワークグループマネージャ」を使う方法

  1. 「ワークグループマネージャ」で、管理対象の「コンピュータ」または「コンピュータグループ」を選択します。
  2. 一番上のツールバーの「環境設定」をクリックします。
  3. 「概要」タブをクリックします。
  4. 「ログイン」ボタンをクリックします。
  5. 「オプション」タブをクリックします。
  6. 設定の管理方法は「常に確認」を選択します。
  7. 「スクリーンセーバを開始するまでの時間」の横のチェックボックスを有効にします。
  8. 次のパスを入力して、「コンピュータ名」のスクリーンセーバモジュールを使います。

    /System/Library/Frameworks/ScreenSaver.framework/Resources/Computer Name.saver
     
  9. 「今すぐ適用」をクリックして、変更を保存します。 

「コンピュータ名」のスクリーンセーバで表示されるメッセージをカスタマイズするには、以下に示したターミナルコマンドをそのシステムで実行します。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.ScreenSaver.Basic MESSAGE "Math Lab"


「Math Lab」を、表示させたいカスタムメッセージに変更します。

ローカルで設定する

OS X v10.6 以降では、次の 3 つのコマンドを実行することで、アイドル時間を 5 分に設定したり、「コンピュータ名」のスクリーンセーバモジュールを指定したり、メッセージを「Math Lab」にカスタマイズしたりできます (「Math Lab」は必要に応じて変更します)。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.screensaver loginWindowIdleTime 300

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.screensaver loginWindowModulePath "/System/Library/Frameworks/ScreenSaver.framework/Resources/Computer Name.saver"

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.ScreenSaver.Basic MESSAGE "Math Lab"


注意

  • loginWindowIdleTime は秒単位での時間を定義します。
  • loginWindowModulePath はスクリーンセーバモジュールに対するファイルシステムのパスを定義します。
  • MESSAGE はカスタムメッセージを定義します。
公開日: