解析、診断、使用状況に関する情報を Apple と共有する

Apple では、iOS の品質向上に役立てるため、解析、診断、使用状況に関するデータのご提供をお客様にお願いする場合があります。これらの情報は匿名で収集されます。

iOS 10 以降

iOS 10.3 以降をお使いの場合は、「設定」>「プライバシー」の順に選択し、下にスクロールして「解析」をタップします。「iPhone と Watch 解析を共有」をタップしてください。

iOS 10 〜 iOS 10.2 をお使いの場合は、「設定」>「プライバシー」>「診断と使用状況」の順に選択し、「自動送信する」または「送信しない」を選択します。

iCloud 解析の設定を調整したり、ヘルスケアやフィットネス、車椅子モードを改善したりすることもできます。

iOS 8 および iOS 9

「設定」>「プライバシー」>「診断と使用状況」の順にタップして、「自動送信する」または「送信しない」を選択します。

「自動送信する」を選択した場合は、「App デベロッパと共有」も併せてオンにすることができます。オンにすると、データと併せて、App の使用状況に関する統計情報をデベロッパに共有することを Apple に認めたことになり、デベロッパによる自社 App の品質向上にご協力いただけます。

iOS 5、iOS 6、iOS 7

「設定」>「一般」>「情報」>「診断/使用状況」の順にタップして、「自動送信する」または「送信しない」のいずれかを選択してください。

iOS 4 以前

デフォルトでは、一度選択すると、その決断がその後も有効になります。この選択を変更する場合は、iTunes を使って、iOS 4 以前を搭載したデバイスに対する警告をリセットすることができます。

  1. iPad、iPhone、または iPod touch をお使いの Windows パソコンまたは Mac に接続します。
  2. iTunes ウインドウの左側の「デバイス」の下にデバイスが表示されるまで待ちます。
  3. デバイスを選択して、「概要」画面の下部に表示される「警告をリセット」をクリックします。

このオプションが表示されない場合は、デバイスのアイコンを右クリック (Mac または Windows パソコン) または「control」キーを押しながらクリック (Mac) して、ショートカットメニューから「警告をリセット」を選択します。

警告をリセットした後、次に同期すると、下の画面が表示されます。

同意せず、診断および使用状況情報の送信をやめるには、「いいえ」をクリックします。

上記のウインドウが表示されない場合

  1. デバイスをコンピュータから取り外します。
  2. デバイスでアプリケーションを開きます。
  3. 電源オフのスライダが表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンを押し続け、次に、アプリケーションが終了するまでホームボタンを押し続けます。iOS 2.2 以前をお使いの場合は、アプリケーションが終了するまでホームボタンを押し続けます。
  4. デバイスを接続し、iTunes でそのデバイスを同期します。
  5. 診断の収集に同意するかしないかの選択肢が再び表示されます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: